【ジュネーブモーターショー16】アルファロメオ ジュリエッタ に「ヴェローチェ」… 4C 譲りの240馬力ターボ

自動車 ニューモデル モーターショー

アルファロメオ ジュリエッタ 改良新型 ヴェローチェ
  • アルファロメオ ジュリエッタ 改良新型 ヴェローチェ
  • アルファロメオ ジュリエッタ 改良新型 ヴェローチェ
  • アルファロメオ ジュリエッタ 改良新型 ヴェローチェ
  • アルファロメオ ジュリエッタ 改良新型 ヴェローチェ
  • アルファロメオ ジュリエッタ 改良新型 ヴェローチェ
  • アルファロメオ ジュリエッタ 改良新型 ヴェローチェ
  • アルファロメオ ジュリエッタ 改良新型 ヴェローチェ
イタリアのアルファロメオが3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16で初公開した改良新型『ジュリエッタ』。同車に、高性能グレードの「ヴェローチェ」が設定された。

ジュネーブモーターショー16で初公開されたジュリエッタは、2度目の改良が施されたモデル。外観は、フロントを中心にフェイスリフト。フロントグリルやバンパーのデザインを変更。とくに、グリルはメッシュデザイとなり、スポーティさを強調する。アルミホイールも新デザイン。室内は基本デザインを踏襲するが、素材の見直しで、質感を向上。車載インフォテインメントシステムの「Uconnect」は、最新版にアップデートされた。

そんな改良新型ジュリエッタの頂点に立つ高性能グレードが、ヴェローチェ。従来の「クアドリフォリオ・ヴェルデ」の後継グレードとなる。1967年、アルファロメオ『スパイダー』に設定されたヴェローチェの名前が、最新のジュリエッタにも冠された。

ジュリエッタのヴェローチェは、パワートレインにアルファロメオのリトルスーパーカー、『4C』譲りの排気量1750cc直噴直列4気筒ガソリンターボエンジンを採用。最大出力240hp/5750rpmを発生する。トランスミッションは、TCTと呼ばれるデュアルクラッチ。

足回りは、サスペンションを専用チューン。ブレーキはブレンボ製。スポーツバンパー、サイドスカート、レザー&アルカンターラシート、アルミペダル、スポーツステアリングホイール、カーボン調パネルなど、内外装もスポーティに演出されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. マツダ アクセラ、改良新型モデルの画像がリーク

    マツダ アクセラ、改良新型モデルの画像がリーク

  2. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

    【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  3. 日産 GT-R NISMO に2017年型…空力性能を向上

    日産 GT-R NISMO に2017年型…空力性能を向上

  4. 日産 エクストレイル NISMO…オンでもオフでも頼りになる走りを[写真蔵]

  5. スバル XV ハイブリッド tS コンセプト…ポップでキュートなSTI[写真蔵]

  6. ポルシェ 911 GT3 R、ニュル24時間に準備完了[動画]

  7. 600馬力のスーパーメルセデス...その名は「GT-R」!

  8. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  9. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  10. スバル レヴォーグ STIパーツ装着車、乗れば運転が上手くなる?[写真蔵]

アクセスランキングをもっと見る