スバルのデザイン戦略…二律背反をいかにまとめるか

自動車 ビジネス 国内マーケット

SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT
  • SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT
  • スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモの予告イメージ
  • SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT
  • スバル XVコンセプト(ジュネーブモーターショー16)
  • スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ
  • 東京モーターショー13 VIZIV CONCEPT
  • スバル・VIZIV CONCEPT(ヴィジヴ コンセプト)
  • スバル インプレッサ セダン コンセプト
スバルは新デザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」を発表。これまでのヘリテージは重要視しながらも先を見据えデザインを進めていくという。

そう話すのは、スバル商品企画本部デザイン部部長の石井守氏だ。「我々の先輩が築いてきたことは間違っていない。それをどう進化させるかだ」という。

また石井氏は、「これまでのスバルはプロダクトアウト的な、スバルはこうだと(自分たちの目線のみで)打ち出していたが、近年はお客さまが感じ入ることをまず考え、それに対してスバルはこうだと検討し、出すようにしている。そのタイミングでDYNAMIC×SOLIDに行き着いた」と話す。

DYNAMICやSOLIDというワードは他メーカーでもよく使われる。一体何が違うのか。「我々は飛行機のメーカーだったので空力性能や、低重心感などを突き詰めてデザイン要素を決めていく。そして、機能を外してはだめだと思っている」と述べる。その一例として石井氏は、サイドウインドウグラフィックを挙げる。「いまの時代、他社はどんどん小さくなっている。我々も時代進化分は反映させないと古いクルマに見えてしまうのでデザインしているが、それは微々たるものだ」。そして、「クルマ全体で補完しながら、窓ガラスの視界の性能や、居住性や荷室性などを外さずにデザインをしている」と説明。

石井氏は「他社は外しているデザインもあるがうらやましいとは思わない。お客さま視点では、外してはだめ。その二律背反だと思う。そこをいかにまとめていくかが我々と他社の違いだ」とした。

更にもうひとつ大きな違いを挙げる。「ダイナミックというと動物的なモチーフを使うことが多いが、我々はマシン、機械を作っていると思っている」と石井氏。「例えば我々は(スバルグローバルプラットフォームなどで)鉄を極めている。0.7mmの鉄板は通常であればたわむが、それをねじるととても硬くなる。そのねじる要素、その無機質なものをいかに強靭に見せるデザインするか。そこをいま突き詰めて考えている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  2. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

    ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  3. 日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

    日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

  4. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  5. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  6. デンソーの人工知能プロジェクト…ねらいは車載器とIoT

  7. ジヤトコ、軽・小型FF車用「CVT7」の生産が累計1000万台達成…7年1か月

  8. VWと米販売店、補償内容で大筋合意…排ガス問題

  9. 【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

  10. 【Amanekチャンネル】1kmメッシュ気象警戒予測情報の提供開始…日本初

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら