ブリヂストン、米工場で拡張工事の起工式…乗用車用タイヤ増産へ

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンの米国ノースカロライナ州ウィルソン工場の拡張工事の起工式
  • ブリヂストンの米国ノースカロライナ州ウィルソン工場の拡張工事の起工式
ブリヂストンは3月9日、米国ノースカロライナ州ウィルソン工場の拡張工事の起工式を開催した。

ブリヂストンは1月、同工場での乗用車用ラジアルタイヤの生産能力を増強すると発表。総投資額は、約1億6400万ドル(約185億円)。今後5年間で、段階的に増強を行う。

2016年上半期(1-6月)着工の第1および第2段階として、合計約1億ドル(約113億円)を投資。約1万5515平方mの延床面積に、先進的な生産設備・技術を導入。2018年までに、ウィルソン工場の乗用車用ラジアルタイヤの生産能力を、現在の1日3万2000本から、3万5000本へ増強する。

ウィルソン工場は、操業開始から42年の歴史を有する老舗工場。ブリヂストングループの海外工場では、最初にランフラットテクノロジー採用タイヤの生産を開始するなど、イノベーションの先駆けとなってきた。

同工場では2016年に、汎用リムにも装着可能なランフラットテクノロジー採用タイヤ、「ドライブガード」の生産を開始する予定。今回の生産能力の増強によって、グローバルでの競争力を高めていく。

3月9日、ブリヂストンはウィルソン工場の拡張工事の起工式を開催。同工場のマイケル・ダール工場長は、「今日は、ウィルソン工場とブリヂストンの米国事業部全体にとって、記念日。生産能力を増強させる重要な拡張工事に着手し、顧客のニーズの変化に対応していく」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  3. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  4. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  5. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  8. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  9. パナソニックの第1四半期決算、円高で減収減益も想定通りに推移

  10. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら