ブリヂストン、米工場で拡張工事の起工式…乗用車用タイヤ増産へ

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンの米国ノースカロライナ州ウィルソン工場の拡張工事の起工式
  • ブリヂストンの米国ノースカロライナ州ウィルソン工場の拡張工事の起工式
ブリヂストンは3月9日、米国ノースカロライナ州ウィルソン工場の拡張工事の起工式を開催した。

ブリヂストンは1月、同工場での乗用車用ラジアルタイヤの生産能力を増強すると発表。総投資額は、約1億6400万ドル(約185億円)。今後5年間で、段階的に増強を行う。

2016年上半期(1-6月)着工の第1および第2段階として、合計約1億ドル(約113億円)を投資。約1万5515平方mの延床面積に、先進的な生産設備・技術を導入。2018年までに、ウィルソン工場の乗用車用ラジアルタイヤの生産能力を、現在の1日3万2000本から、3万5000本へ増強する。

ウィルソン工場は、操業開始から42年の歴史を有する老舗工場。ブリヂストングループの海外工場では、最初にランフラットテクノロジー採用タイヤの生産を開始するなど、イノベーションの先駆けとなってきた。

同工場では2016年に、汎用リムにも装着可能なランフラットテクノロジー採用タイヤ、「ドライブガード」の生産を開始する予定。今回の生産能力の増強によって、グローバルでの競争力を高めていく。

3月9日、ブリヂストンはウィルソン工場の拡張工事の起工式を開催。同工場のマイケル・ダール工場長は、「今日は、ウィルソン工場とブリヂストンの米国事業部全体にとって、記念日。生産能力を増強させる重要な拡張工事に着手し、顧客のニーズの変化に対応していく」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

    【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  2. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  3. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

    スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  4. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  5. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  6. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  7. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  8. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  9. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  10. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

アクセスランキングをもっと見る