人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

キャセイパシフィック航空、純利益が91%増…15年通期

航空 企業動向

香港のキャセイパシフィック航空グループは3月9日、2015年通期(1月~12月)決算の純利益が前年比90.5%増の60億香港ドル(約880億円)、一株あたりの利益が90.4%増の152.5香港セント(約22円)だったと発表した。

旅客事業の売上高は3.5%減の730億4700万香港ドル。イールド(旅客1人あたりの収入単価)は11.4%減の59.6香港セント。減少の要因は、他社との競争激化、燃油サーチャージの大幅減、外国為替の動向など。一部の長距離路線では上級クラスの需要が想定を下回った。新規路線の開設などにより、提供座席数は5.9%増。利用率は2.4ポイント増の85.7%だった。

キャセイパシフィックと香港ドラゴン航空(現キャセイドラゴン航空)の燃料費(ヘッジによる影響を除く)は、平均燃料価格の下落(40.3%減)が影響し、37.8%減。燃料費はグループの最大コスト要因で、営業コスト全体の34%を占める。なお、ヘッジによる損失を加味した燃料費は18.2%減にとどまる。

昨年のキャセイパシフィックは、モスクワ線とドーハ線を運休にした一方、チューリッヒ線、ボストン線、デュッセルドルフ線を新規開設し、3路線ともに好調を維持している。今年6月にはマドリード、9月にはロンドン(ガトウィック)線を開設する。また、同社は最新鋭のエアバスA350-900を5月から年末にかけて計12機受領する予定。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 川崎重工の創立120周年記念展…三式戦「飛燕」を展示 10月15日から

    川崎重工の創立120周年記念展…三式戦「飛燕」を展示 10月15日から

  2. エティハド航空、UAE人従業員の過半数が女性…超大型機の副操縦士も

    エティハド航空、UAE人従業員の過半数が女性…超大型機の副操縦士も

  3. 春秋航空日本、成田=新千歳線を就航へ 8月20日から

    春秋航空日本、成田=新千歳線を就航へ 8月20日から

  4. 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

  5. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  6. エティハド航空、アブダビ=ニューヨーク線に A380 を追加投入 2017年6月から

  7. 東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

  8. JAL国際線の旅客が3カ月連続マイナス、国内線は2カ月連続プラス 7月

  9. ジェットスター・ジャパンが初の単年度黒字化を達成 2016年6月期決算

  10. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

アクセスランキングをもっと見る