キャセイパシフィック航空、純利益が91%増…15年通期 | レスポンス(Response.jp)

キャセイパシフィック航空、純利益が91%増…15年通期

航空 企業動向

香港のキャセイパシフィック航空グループは3月9日、2015年通期(1月~12月)決算の純利益が前年比90.5%増の60億香港ドル(約880億円)、一株あたりの利益が90.4%増の152.5香港セント(約22円)だったと発表した。

旅客事業の売上高は3.5%減の730億4700万香港ドル。イールド(旅客1人あたりの収入単価)は11.4%減の59.6香港セント。減少の要因は、他社との競争激化、燃油サーチャージの大幅減、外国為替の動向など。一部の長距離路線では上級クラスの需要が想定を下回った。新規路線の開設などにより、提供座席数は5.9%増。利用率は2.4ポイント増の85.7%だった。

キャセイパシフィックと香港ドラゴン航空(現キャセイドラゴン航空)の燃料費(ヘッジによる影響を除く)は、平均燃料価格の下落(40.3%減)が影響し、37.8%減。燃料費はグループの最大コスト要因で、営業コスト全体の34%を占める。なお、ヘッジによる損失を加味した燃料費は18.2%減にとどまる。

昨年のキャセイパシフィックは、モスクワ線とドーハ線を運休にした一方、チューリッヒ線、ボストン線、デュッセルドルフ線を新規開設し、3路線ともに好調を維持している。今年6月にはマドリード、9月にはロンドン(ガトウィック)線を開設する。また、同社は最新鋭のエアバスA350-900を5月から年末にかけて計12機受領する予定。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品