【ジュネーブモーターショー16】ハーマン、新車載インテリジェンスソリューションを開発

自動車 ビジネス 企業動向

ハーマン・インターナショナル・インダストリーズは、ジュネーブモーターショー16で、NXPセミコンダクターズのRoadLINK技術をベースとしたV2X機能搭載の総合車載インテリジェンスソリューションを発表した。

このワイヤレス技術は、既存の量産型センサではカバーできない場所で発生する危機的な交通状況について、ドライバーに警告し、曲がり角の周囲や先行する大型トラックなど、交通障害物の先を「可視化」することで、交通安全を大幅に向上する。

V2Xは車から車、信号機や交通表示板などの周辺インフラから車へ、前方の潜在的で危険な交通状況に関する警告を伝達する。悪天候下でも視界外の危険の検知が可能なことから、レーダーやカメラなどの先進運転支援システム(ADAS)を補完する。

また、V2X技術により、信号機や交通表示板に関する情報同様、交差点の死角による衝突事故、危険な道路状況、道路工事、緊急車両の存在、停止車両や低速走行車両、交通渋滞、事故の警告の伝達が可能となる。

NXPのV2Xチップセットを搭載した初の量産車が今年後半に発売される予定。

ハーマンとNXPが開発したV2Xソリューションは、高い信頼性とリアルタイム性能を提供する。自動車業界のニーズを満たすために制定されたIEEE 802.11p無線通信技術を採用しており、近接性に基づくアドホック・ネットワークで車と周辺インフラ間や車車間を直接接続し、迅速な伝送と信頼性の高い道路安全通信を実現するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  2. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

    英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

  3. 【ものづくりワールド16】1周0.2秒差をつけるDLC技術…アイ・シイ・エス、F1マシン用ギアを展示

    【ものづくりワールド16】1周0.2秒差をつけるDLC技術…アイ・シイ・エス、F1マシン用ギアを展示

  4. 益子会長「私どもは三菱ブランドを維持する」

  5. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

  6. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

  7. 日産 ムラーノ 新型、ロシアで現地生産を開始

  8. 三菱自、ラインオフは5台程度...益子会長

  9. 【土井正己のMove the World】英国がEU離脱なら日本メーカーは英国離脱

  10. 自動車ブランドのサーブ、消滅へ…70年の歴史に幕

アクセスランキングをもっと見る