人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

クルマ購入、最重要視は「価格」…パーク24調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット

クルマ購入時の情報収集
  • クルマ購入時の情報収集
  • クルマ購入時、メーカー系ディーラーで情報収集する
  • クルマ購入時、WEBで情報収集する
パーク24は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」会員を対象に実施した、「クルマの購入」に関するアンケート結果を発表した。

調査は2015年12月7日から13日の7日間、非公開型インターネットアンケートで実施し、8021名からの有効回答を得た。

クルマを購入する際の情報収集手段については、「web」が52%で最多。次いで「メーカー系ディーラー」が49%、「雑誌」が25%となった。年代別では、50代、60代以上では「メーカー系ディーラー」が最多だったのに対し、20代以下、30代、40代は「web」が最多となっているほか、年代による違いが大きいのは「知人」「中古車ディーラー」だった。

購入先については、80%が「メーカー系ディーラー」と回答。以下、「中古車ディーラー」27%、「知人」6%と続いた。年代別でも、すべての年代において「メーカー系ディーラー」での購入が最も多く、40代以上では80%を超えた。

購入時に重要視することは「価格」がトップで70%。次いで「性能」が61%、「デザイン」が60%と続いた。「メーカー」は35%で、購入時にはそれほど重要視されていない。そのほかでは、「安全性」や「マニュアル車であること」「燃費のよさ」などが挙がった。

購入予算は、「150万円以上200万円未満」が19%で最も多く、「250万円以上300万円未満」が16%、「100万円以上150万円未満」が15%と続いた。男女別では、男性は「250万円以上300万円未満」が18%で最も多かったが、女性は「100万円以上150万円未満」と「150万円以上200万円未満」がともに22%で最多となった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

    自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  2. ヒュンダイの小型セダン、米国でリコール…ブレーキ灯が消えない

    ヒュンダイの小型セダン、米国でリコール…ブレーキ灯が消えない

  3. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

    VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  4. F1からWorldRXまで、見たいときにスマホで観戦…ネット配信「DAZN」スタート

  5. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

  6. 【リコール】日野プロフィア4万5000台、エンジン不具合で出火のおそれ

  7. アウディジャパン、Q3 3車種の価格を10万円引き下げ

  8. 日産米国販売1.2%増…ローグ が月販新記録の3万台超え 7月

  9. デルファイとモービルアイが提携…完全自動運転システム開発へ

  10. ホンダ、浜松でHV用モーターの新鋭ラインを3本に増設

アクセスランキングをもっと見る