クルマ購入、最重要視は「価格」…パーク24調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット

パーク24は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」会員を対象に実施した、「クルマの購入」に関するアンケート結果を発表した。

調査は2015年12月7日から13日の7日間、非公開型インターネットアンケートで実施し、8021名からの有効回答を得た。

クルマを購入する際の情報収集手段については、「web」が52%で最多。次いで「メーカー系ディーラー」が49%、「雑誌」が25%となった。年代別では、50代、60代以上では「メーカー系ディーラー」が最多だったのに対し、20代以下、30代、40代は「web」が最多となっているほか、年代による違いが大きいのは「知人」「中古車ディーラー」だった。

購入先については、80%が「メーカー系ディーラー」と回答。以下、「中古車ディーラー」27%、「知人」6%と続いた。年代別でも、すべての年代において「メーカー系ディーラー」での購入が最も多く、40代以上では80%を超えた。

購入時に重要視することは「価格」がトップで70%。次いで「性能」が61%、「デザイン」が60%と続いた。「メーカー」は35%で、購入時にはそれほど重要視されていない。そのほかでは、「安全性」や「マニュアル車であること」「燃費のよさ」などが挙がった。

購入予算は、「150万円以上200万円未満」が19%で最も多く、「250万円以上300万円未満」が16%、「100万円以上150万円未満」が15%と続いた。男女別では、男性は「250万円以上300万円未満」が18%で最も多かったが、女性は「100万円以上150万円未満」と「150万円以上200万円未満」がともに22%で最多となった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

    VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  3. スズキ、新CEOに鈴木俊宏社長 兼務

    スズキ、新CEOに鈴木俊宏社長 兼務

  4. 【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

  5. 【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

  6. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  7. ダイハツの軽市場シェアが急上昇、5か月ぶりの35%超え…5月実績

  8. 【カーエレ最前線】安全運転サポート機能をドラレコで手に入れる

  9. トヨタ ヴィッツ、欧州累計生産300万台…15年で達成

  10. 【リコール】トヨタ THS不具合で、プリウスに続きマツダ アクセラ 9335台

アクセスランキングをもっと見る