人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

トヨタの人工知能技術の研究&開発、自動運転車の開発人員を新規採用

自動車 ビジネス 企業動向

「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.(TRI)」のCEOに就任するマサチューセッツ工科大学のギル・プラット博士
  • 「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.(TRI)」のCEOに就任するマサチューセッツ工科大学のギル・プラット博士
トヨタ自動車は3月9日、米国に設立した人工知能技術の研究と開発を行う「TRI」(Toyota Research Institute, Inc.)が、自動運転車開発メンバーを新規採用した、と発表した。

今回、トヨタは、米国のJaybridge Robotics社(以下、Jaybridge)に在籍の16名からなるソフトウェア開発チームを採用。同チームは、マサチューセッツ州ケンブリッジに設けたTRI拠点で勤務にあたる。他のTRI社員同様、米国内の他のTRI拠点や、世界中のトヨタの研究開発チームと協力しながら研究を進めていく。

Jaybridgeは、米国マサチューセッツ州ケンブリッジを本社とし、2008年に設立。農業、鉱業、海運や鉄道など、産業用の自動運転技術の開発を行ってきた。同社は今後も独立した企業として、既存顧客へのサポートを行う。

TRIのギル・プラットCEOは「TRIの使命は、人工知能やロボティクス、自動運転など、様々な領域で基礎研究と製品開発の橋渡しをすること。Jaybridgeから採用した16名の開発チームは長年、自動運転技術の研究開発、試験に携わってきた。彼らがこうした知見を生かして、TRIでの研究に貢献してくれると信じている」とコメント。

Jaybridgeのジェレミー・ブラウン元CEOは、「Jaybridgeの取り組みはこれまで、農業や鉱業などの産業機械分野に限定されていた。一方、TRIが追い求めているのは、世界で年間125万人とも言われる交通事故死を減らすという壮大なもの。TRIに参画でき、大変ワクワクしている」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

    ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  2. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  3. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

    三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  4. 飛ぶ・遊ぶ・観る…夏休み、マイカー利用ファミリー向け“涼しい早朝割引”

  5. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

  6. フィアット欧州販売、13%増の9.8万台…Aセグ首位維持 6月

  7. VWの排ガス不正問題の和解案、米国の裁判所が仮承認

  8. ジャガー・ランドローバー、カスタマイズを重視…英国に新拠点

  9. タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

  10. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

アクセスランキングをもっと見る