ヒュンダイ、自動運転車の公道走行試験の認可を取得…韓国初

自動車 ビジネス 企業動向

新型ヒュンダイ ジェネシス セダン
  • 新型ヒュンダイ ジェネシス セダン
  • 新型ヒュンダイ ジェネシス セダン
  • 新型ヒュンダイ ジェネシス セダン
韓国のヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は3月7日、韓国の国土交通省から、自動運転車の公道走行試験の認可を取得した、と発表した。

韓国において自動運転車の研究開発のために、実際の交通状況での公道走行が許可されたのは、今回のヒュンダイが初めて。これは、韓国で2月12日、自動運転車の公道走行試験に必要な安全要件を示した「自動車管理法」の改正案が施行されたのを受けての対応。

ヒュンダイは2月12日、韓国の国土交通省に自動運転車の公道走行試験の認可を申請。3月7日、その認可を取得した。

ヒュンダイは、高級車の『ジェネシス』をベースに自動運転のテスト車両を開発。この車両が許可証交付とナンバープレート発行などの手続きを全て終えて、3月7日から公道走行試験を開始した。

韓国の国土交通省のギムヨンソク自動車管理官は、「今回の自動運転車の試験運行許可を契機に、国内の自動運転車の研究に弾みが付くことを期待する。今後の試験運行の経過を見ながら、市街地での試験区間の拡大を含め、自動運転車の技術開発と産業育成のために惜しみない支援を行い、自動運転車を国土交通新成長動力として発展させていく」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  2. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  3. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

    スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  4. アルパイン、最終赤字20億円…通期も下方修正 第1四半期決算

  5. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  6. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  7. 日産車体、減収減益…輸出向け車両の受注減少で 第1四半期決算

  8. BMWの世界販売、メルセデスとアウディを抑える 6月

  9. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  10. 日産自動車、4年ぶりの減益…売上台数増も円高で 第1四半期決算

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら