強引な進入で通過列車と衝突、乗用車の2人が死亡

自動車 社会 社会

6日午前5時50分ごろ、岐阜県各務原市内にある名古屋鉄道各務原線の踏切で、警報機や遮断機が作動した後に踏切内へ進入してきた乗用車と、通過中の急行列車が衝突する事故が起きた。この事故でクルマに乗っていた2人が死亡している。

岐阜県警・各務原署によると、現場は各務原市鵜沼各務原町付近。踏切には警報機と遮断機が設置されているが、乗用車はこれらが作動した後に踏切内へ進入。直後に通過した下り急行列車(名鉄岐阜発/新可児行き、4両編成)と衝突。列車はクルマを軌道外に弾き飛ばし、踏切から約160m先で停止した。

衝突によって乗用車は大破。運転していた愛知県小牧市内に在住する44歳の男性と、助手席に同乗していた32歳の男性が全身強打でまもなく死亡。列車の乗客乗員16人にケガはなかった。

聴取に対して列車の運転士は「踏切通過直前にクルマが進入してきた。非常ブレーキを使用したが、間に合わずに衝突した」などと供述しているようだ。警察ではクルマ側の強引な進入が事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

    貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

  2. 高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

    高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

  3. 入学したばかりの小学生女児、バスにはねられ死傷

    入学したばかりの小学生女児、バスにはねられ死傷

  4. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  5. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  6. 特別仕様のナンバープレート始まる、東京オリンピック・パラリンピックとラグビーワールドカップで

  7. 国土交通省、熊本地震の被災地で車検の有効期間を再延長…6月15日まで

  8. タクシーへ追突する事故を故意に起こし、仲間が売上金を盗み出す

  9. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

  10. 『ETC2.0』メリット呼びかけ…再セットアップに助成金

アクセスランキングをもっと見る