【ボルボ S60 T3 試乗】燃費も装備もバリュー・フォー・マネー…島崎七生人

試乗記 輸入車

ボルボ S60 T3 SE
  • ボルボ S60 T3 SE
  • ボルボ S60 T3 SE
  • ボルボ S60 T3 SE
  • ボルボ S60 T3 SE
  • ボルボ S60 T3 SE
  • ボルボ S60 T3 SE
  • ボルボ S60 T3 SE
ボルボ『S60』の搭載エンジンがすべて同社最新の“Drive-E”になった。整理しておくと、性能ランク順に上からT6、T5、D4(ディーゼル)、T3という布陣で、すべて4気筒だ。

今回新設定のT3は従来のT4に代わるベースモデルで、T4(2015年モデルまでは1.6リットルだった)よりさらに排気量を下げた1.5リットルターボとなっている。組み合わせられるトランスミッションは6速ATで、パドルシフトも可能なギヤトロニック付き。もちろんロックアップ機構も備え、効率と燃費に配慮している。

実際の走りだが、総体的にはパフォーマンスに過不足なしといったところ。唯一、高速走行時に再加速を与えたいときに、場合によりキックダウンが必要になり、ひと呼吸入ることがある。

スペックを当たると152ps/25.5kgmで、1.6リットルのT4(180ps/24.5kgm)との差が実感される条件下だ。車重もT3のほうが40kg増している点も頭に入れておくべきか。が、パドルシフトを実行すればいいし、AT自身の学習が進めば、よりスムースに走れるだろう…とは想像できる。100km/hで巡航している時のエンジン回転は1800rpm(6速)ほどで、もちろん平穏である。

動力性能は前述のとおりだが、通常の走行はソツがない。というより『S60』の快活、しなやか、快適なドライバビリティが、ささやかな1.5リットルで味わえるとなると、それは今どきの賢い選択に思える。JC08モード燃費16.5km/リットル、アイドリングストップなども嬉しいし、ボルボならではの安全支援機能、ナビなどが標準装備と考えればバリュー・フォー・マネーだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【メルセデスベンツ GLA 試乗】安心感、快適性に磨きがかかった…島崎七生人

    【メルセデスベンツ GLA 試乗】安心感、快適性に磨きがかかった…島崎七生人

  2. 【アルファロメオ 4Cスパイダー 試乗】美しき路上のダイヤモンドには、刺も蜜も隠れていた…まるも亜希子

    【アルファロメオ 4Cスパイダー 試乗】美しき路上のダイヤモンドには、刺も蜜も隠れていた…まるも亜希子

  3. ホンダ シャトル で6泊7日の車中泊、フルフラットでぐっすり睡眠

    ホンダ シャトル で6泊7日の車中泊、フルフラットでぐっすり睡眠

  4. 【日産 エクストレイル 試乗】NISMOパフォーマンスPKG、その引き締められた足まわり…岡本幸一郎

  5. 【マツダ アクセラ 3200km試乗 後編】“萌え要素”があれば、まだまだ面白くなる…井元康一郎

  6. 【ホンダ フィットRS 900km試乗】回して楽しい爽快エンジン、エコランせずとも好燃費…井元康一郎

  7. 【フィアット 500C 1.2ポップ 試乗】乗り味、持ち味はラウンジの上をいく?…島崎七生人

  8. 【スズキ バレーノ 試乗】凄く良くできているところと、まだまだの部分と…中村孝仁

  9. 【ボルボ V40 T3 試乗】「ディーゼルよりもガソリン」を選びたい人なら…井元康一郎

  10. 【スバル フォレスター 試乗】思わず「これ日本車?」滑らかな乗り心地に感心…中村孝仁

アクセスランキングをもっと見る