東日本大震災から5年、漸減傾向も1700件超える関連倒産

自動車 ビジネス 企業動向

 東日本大震災の発生から丸5年を迎える11日に先立ち、東京商工リサーチは、7日現在の震災関連倒産の件数を調査。その結果、5年間で累計1703件にのぼることがわかった。

 年別に見ると、初年の2011年は544件で、2年目の12年は前年比9.9%減の490件、13年が同32%減の333件、14年が同47.4%減の175件、15年が同19.4%減の141件。今年は3月7日現在で20件を数え、震災の影響がいまだに及んでいる。

 産業分野別では、最も件数が多いのは宿泊業や飲食店などを含む「サービス業他」で447件。以下、「製造業」が389件、「卸売業」が313件、「建設業」が210件、「小売業」が159件と続いている。宿泊業や飲食業に与えた影響が大きかった要因としては、震災による直接的な被害はもちろん、レジャー・観光に対する自粛ムードや風評も見逃せない。結果的に、倒産の範囲は島根県を除く46都道府県に広がった。

 なお、震災関連倒産による従業員の被害者数は、7日現在で2万7052人に及び、これは1995年の阪神・淡路大震災に比べて6.1倍に膨らんだ。震災からの復興が待ち望まれる。

もうすぐ東日本大震災から5年、関連倒産の件数はなんと!

《加藤/H14》

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

    スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

  3. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  4. スズキ鈴木会長「不正を深くお詫びする」…燃費データ問題で、販売は継続

  5. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  6. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  7. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  8. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  9. ミシュランガイド富山・石川、日本料理「山崎」が三つ星獲得

  10. 「ミシュランガイド富山・石川2016特別版」発売前にウェブで先行公開

アクセスランキングをもっと見る