【ジュネーブモーターショー16】アルファロメオの空飛ぶ円盤、ディスコヴォランテ に「スパイダー」

自動車 ニューモデル モーターショー

アルファロメオ ディスコヴォランテ スパイダー(ジュネーブモーターショー16)
  • アルファロメオ ディスコヴォランテ スパイダー(ジュネーブモーターショー16)
  • アルファロメオ ディスコヴォランテ スパイダー(ジュネーブモーターショー16)
  • アルファロメオ ディスコヴォランテ スパイダー(ジュネーブモーターショー16)
  • アルファロメオ ディスコヴォランテ スパイダー(ジュネーブモーターショー16)
  • アルファロメオ ディスコヴォランテ スパイダー(ジュネーブモーターショー16)
  • アルファロメオ ディスコヴォランテ スパイダー(ジュネーブモーターショー16)
イタリアのトゥーリング・スーペルレッジェーラ社は3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、アルファロメオ『ディスコヴォランテ スパイダー』を初公開した。

トゥーリング・スーペルレッジェーラ社は、イタリア・ミラノで1926年に創業した老舗コーチビルダー、カロッツェリア・トゥーリングの流れを汲む会社として、2006年に設立。現在ミラノを拠点に、自動車メーカーの依頼を受けて、デザインエンジニアリングなどの活動を行っている。

同社が2012年春、ジュネーブモーターショー12でワールドプレミアしたのが、アルファロメオ『ディスコヴォランテ』。アルファロメオは1952年、カロッツェリア・トゥーリングと『1900 C52』を共同開発。4ドアセダンの『1900』の車台をベースに、カロッツェリア・トゥーリングが手がけたボディを架装したモデルで、わずか数台が生産された。1900 C52は、当時としては異例の、エアロダイナミクス性能を極限まで追求したフォルムが特徴。そのデザインが空飛ぶ円盤に似ていることから、「ディスコヴォランテ」と呼ばれるようになる。

ジュネーブモーターショー16で初公開されたディスコヴォランテ スパイダーは、クーペボディだったディスコヴォランテのオープン版。同社の創業90周年を祝福する記念モデルとして、7台が生産される。

車台は引き続き、アルファロメオが2006年に発表した『8Cコンペティツィオーネ』がベース。4.7リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、最大出力450ps/7000rpm、最大トルク48.9kgm/4750rpmを引き出す。トランスミッションはパドルシフト付きの6速シーケンシャル。0-100km/h加速4.5秒、最高速292km/hの性能を備えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

    日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  2. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びを実現した新時代のスーパースポーツ」

    【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びを実現した新時代のスーパースポーツ」

  3. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

    【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  4. レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

  5. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

  6. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  7. 【ホンダ NSX 新型】ホンダアクセス、各種純正パーツ発売…専用開発の鍛造アルミなど

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者「誰もが楽しめるスポーツカーを目指した」

  9. BMW M4 がパワーアップ!? 「GTS」エアロ採用となるか

  10. 【ホンダ NSX 新型】走行モードは4種類…サーキットモードも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら