【ジュネーブモーターショー16】マクラーレン 675 LT スパイダーに「MSO」…カーボン強調

自動車 ニューモデル モーターショー

マクラーレン 675 LT スパイダー MSO
  • マクラーレン 675 LT スパイダー MSO
  • マクラーレン 675 LT スパイダー MSO
  • マクラーレン 675 LT スパイダー MSO
  • マクラーレン 675 LT スパイダー MSO
  • マクラーレン 675 LT スパイダー MSO
  • マクラーレン 675 LT スパイダー MSO
英国の高級スポーツカーメーカー、マクラーレンオートモーティブは3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、マクラーレン『675 LTスパイダー MSO』を初公開した。

マクラーレン『675 LTスパイダー』は1年前のジュネーブモーターショー15で発表。クーペボディに続いて、オープンボディのスパイダーにも「675 LT」が設定された。

675 LTスパイダーは、マクラーレン『650 Sスパイダー』をベースに開発された本格サーキット走行にも対応する高性能モデル。3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンは強化されており、最大出力675ps/7100rpm、最大トルク71.4kgm/5500-6500rpmを発生する。

また、650 Sに対して、100kgの軽量化も達成。乾燥状態の車両重量は、1270kgに抑えられた。トランスミッションは7速「SSG」。パワフルなエンジンと軽量化されたボディにより、マクラーレン675 LTスパイダーは0‐100km/h加速2.9秒、最高速326km/hと、世界屈指のパフォーマンスを実現。世界限定500台は、すでに完売した。

ジュネーブモーターショー16で初公開された675 LTスパイダー MSOは、2011年に設立されたMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)が、カスタマイズ。個性的な1台を求める顧客の要望に応じて、カスタマイズが施された1台となる。

ボディカラーはセラミックグレーで塗装。リアのエアブレーキ、サイドスカート、サイドインテーク、リアバンパーなどは、カーボンファイバー製に変更。リトラクタブルハードトップはカーボンファイバー製で、1kgの軽量化を果たす。室内は、バケットシートにアルカンターラ素材を使い、イエローのステッチが添えられている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

    【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

  2. これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

    これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

  3. ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

    ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

  4. 米スポーツカー バイパー、最終生産車が即完売…最短で40分

  5. 【ルノー トゥインゴ 新型】あのクルマとの差はデザインと値段、そしてユーザー層

  6. 日産 フェアレディZ 次期型、登場は2017年東京ショーか

  7. ホンダ NSX 新型、欧州仕様は581馬力で確定

  8. ランボルギーニ アヴェンタドール に名車「ミウラ」仕様…限定50台がほぼ完売

  9. 【三菱 ランエボ 最終モデル】限定台数1000台を完売、納車を開始

  10. ダイハツ、マレーシアでAセグメントセダン べザ を発売…軽で培った技術を投入

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら