【スーパーフォーミュラ】名門インパルからデビューの関口雄飛「ガンガンいかせていただきます」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

名門インパルからのスーパーフォーミュラ参戦が決まった関口。
  • 名門インパルからのスーパーフォーミュラ参戦が決まった関口。
  • 「ITOCHU ENEX TEAM IMPUL」のマシンカラーリング(20号車)。
  • 関口は昨年11月のテストでもインパル20号車をドライブしていた。
  • 関口は昨年11月のテストでもインパル20号車をドライブしていた。
  • 「ITOCHU ENEX TEAM IMPUL」のマシンカラーリング(19号車)。
  • 昨年の富士戦で優勝したオリベイラ。
  • 昨年の富士戦で優勝したオリベイラと星野一義監督。左端は2位の中嶋一貴、右端は3位の石浦宏明。
  • 今年の日産の体制発表会にて。星野一義監督(中央)のインパルは、SUPER GT/GT500クラスにはオリベイラ(右)と安田裕信(左)のコンビ、日産GT-Rで臨む。
8日、全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するインパル(IMPUL)は、今季チーム体制決定のリリースを発行。「ITOCHU ENEX TEAM IMPUL」として、J-P.デ・オリベイラと関口雄飛を擁して戦うことを正式アナウンスした。

元祖・日本一速い男、星野一義監督が指揮を執るインパル(搭載エンジンはトヨタ)が、今季は新メインスポンサーを得て心機一転、6年ぶりの日本最速カテゴリー王座奪還を目指す。ドライバーは2月上旬の時点で発表があった在籍7年目となるジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ブラジル出身34歳、2010年王者)と、この日に加入が正式発表された関口雄飛(28歳、新人)のコンビだ。

#19 オリベイラのコメント
「伊藤忠エネクス様という新しいスポンサーを得て、そして新しいカラーリングでシーズンを戦うこととなり嬉しく思います。また、今シーズンはタイヤメーカーがかわり、ヨコハマタイヤが導入されます。レースをより面白くしてくれるはずです。開幕前のテストを迎えるのがとても楽しみです。応援よろしくお願いします」。

#20 関口雄飛のコメント
「僕を選んでくださったチーム、そして協力してくださった方々に感謝の気持ちで一杯です。また、『強く』『速い』オリベイラ選手とチームメイトになれたことを非常に嬉しく思います。マシンを理解しているオリベイラ選手から学ぶこともあるでしょうから、ドンドン吸収して早い段階で経験の差を埋め、チャンピオンを目指していきます。星野監督には『速く走る環境はウチが用意する。だからガンガンいけ』と言っていただきました。お言葉に甘えて、ガンガンいかせていただきます」。

全参戦チームの最後に、満を持しての今季体制決定というかたちになった名門インパル。2001~10年の10シーズンの間には、本山哲やB.トレルイエ、松田次生、そしてオリベイラらの活躍によってドライバーズタイトルとチームタイトルを7回ずつ獲得して一時代を築いたが、ここ5シーズンは無冠。オリベイラはタイトル争いに絡み続けているのだが、もうワンパンチ足りずに失冠が相次いでいる。リフレッシュシーズンとなる今季、復権に向けての動きを加速させたいところだ。

今季のスーパーフォーミュラは3月12~15日に鈴鹿サーキットで、鈴鹿ファン感謝デーと第1回公式合同テストを通じての都合4日間の走行機会から実戦モードに入っていく。そして注目新人・関口の初陣ともなる開幕戦鈴鹿は、4月23~24日に開催される。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

    【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  2. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

    【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

  3. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

    【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  4. 【新聞ウォッチ】日産の役員報酬、ゴーン社長11億円? 9人の総額は15億3500万円

  5. 【ニュル24時間 2016】クラス2連覇のスバル、パブリックビューイングでも歓喜の輪

  6. 【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

  7. 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、クラス2連覇を達成

  8. 浅間ヒルクライムに2万人が来場、自動車文化の発展と地域振興めざす

  9. 【第100回 INDY500】新人ロッシ優勝…ホンダ勢の今季シリーズ戦初勝利が最大舞台で実現

  10. 【ニュル24時間 2016】初参戦のレクサスRC F、総合24位

アクセスランキングをもっと見る