DJI、ドローン「Phantom 4」を発売…初心者でもプロ並みの空撮を可能に

航空 企業動向

DJIは、簡単にプロフェッショナルレベルの空撮を実現する先進のコンピュータービジョンとセンシング技術を搭載した一般消費者向けドローン「Phantom 4」を発表した。

Phantom 4 は、Phantomシリーズに、障害物感知システム「アクティブトラック」、「タップフライ」などの新たな機能が加え、機体操縦や動画/静止画の撮影を簡素化したモデル。進行方向をとらえる2つの光学センサーが障害物を感知し、飛行方向を確保しながら可能な限り衝突を回避し、機体が自動で迂回する機能を搭載する。

システムが障害物を回避できないと判断した場合、ユーザーが再度指示を出すまで飛行速度を落としながら停止、ホバリングする。障害物回避は、ユーザーが「リターン・トゥ・ホーム」を作動し、機体が離陸地点へ自動帰還する際の衝突リスクを低減させる場合にも機能する。

また、アクティブトラックによってユーザーはiOS/Android対応のDJI GOアプリがダウンロードされたスマートフォンやタブレットをタップするだけで動く被写体を追尾し、常にカメラの中央に捉えることができる。ジョギングする人やダウンヒルを滑走する自転車を完璧にカメラに収めるには、アプリのアクテブトラックモードを有効にするだけ。

Phantom 4は、3D映像を認識し、被写体が動いている間に形状や向きを変えた場合でも、継続して撮影するという自律学習機能を採用する。Phantom 4が常に被写体をフレームの中央部に合わせるので、被写体の動きに合わせてカメラを動かすことも可能。送信機の「一時停止」ボタンを押せば、いつでも静かに前進を停止し、空中でホバリングさせることができる。

DJI GOアプリのタップフライを使えば、Phantom 4の画面で目的地を2度タップすると、その目的地まで障害物を回避した最適な飛行ルートを計算してくれる。別の場所をタップすると、初心者でも熟練パイロットのようにスムーズな移動が実現できる。

世界最高レベルの空撮向けに最適化された4K映像デバイスであるPhantom 4の4Kカメラは、輪郭をシャープにし、色収差は改善され、視覚的な水準が向上している。また、DJI Lightbridgeビデオ伝送システムも搭載しているため、ユーザーは最大2km先でもスマート端末を使ってHDやリアルタイムでカメラの映像を確認できる。

フレームには、軽量の複合材コアを組み込み、安定感と敏しょう性の向上を図った。このコアは再設計したジンバルにも採用しており、安定性と振動の軽減を可能にしている。重心位置を改善し、プロペラがカメラに写りこまないようジンバルの位置を変更した。

モーターの効率性、消費電力管理も改善、新しいインテリジェントバッテリーを導入することで、Phantom 4の飛行時間がPhantom 3より5分長い約28分まで延びた。

Phantom 4は、高性能と使いやすさに加えて、楽しむことも考慮に入れて開発した。新機能の上級者向け「スポーツモード」は、時速72kmで飛行することができ、ドローンでレースをしたらどんな感覚かを味わうことができる。また、他のモードに比べてより迅速に上昇・下降する。

価格は18万9000円(税込み)。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. JAL、整備場でプロジェクションマッピングを実施…「TED×Haneda2016」を支援

    JAL、整備場でプロジェクションマッピングを実施…「TED×Haneda2016」を支援

  2. 熊本城修復にドローン活用…国土地理院ランドバードで石垣を撮影

    熊本城修復にドローン活用…国土地理院ランドバードで石垣を撮影

  3. ANA、国際線就航30周年記念特別サービス…歴代客室乗務員の制服を着用して運航

    ANA、国際線就航30周年記念特別サービス…歴代客室乗務員の制服を着用して運航

  4. JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

  5. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  6. 三菱航空機 MRJ、米国での飛行試験に向け7月以降に出発

  7. ANA Cargoとヤマト運輸、三越伊勢丹HDが提携…シンガポールに旬な日本食材を提供

  8. JAL、熊本・大分線に「応援先得」運賃…期間限定で最大69%割引

  9. 三菱重工、MRJ向け部品の表面処理・塗装工場を新設へ…トヨタ系サプライヤーとの合弁

  10. ANA、787の運航停止で21日と22日に合計30便が欠航

アクセスランキングをもっと見る