JAXAとNASA、全球降水観測計画標準プロダクトVer4をリリース

宇宙 科学

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と米国航空宇宙局(NASA)は、全球降水観測計画(GPM)標準プロダクトバージョン4のリリースを開始した。

バージョン4プロダクトは地球観測衛星データ提供システムG-Portalから取得できる。過去期間のデータについても並行して再処理を行っており、順次提供可能となる予定。

バージョン4から、大気中の熱エネルギーの3次元分布を与える潜熱加熱(SLH)プロダクトの提供を開始し、熱帯降雨観測衛星(TRMM)降雨レーダ(PR)からの継続したデータ提供が可能となる。

潜熱加熱プロファイルが正しく把握されることにより、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の気候変動予測に用いられている、気候モデルでの地球エネルギー収支の高精度な検証が可能となり、気候変動予測の精度向上につながる。

また、二周波降水レーダ(DPR)プロダクトもバージョン4で様々な改良が加えられている。

全球合成降水マップ(GSMaP)バージョン4プロダクトは、7月頃に提供する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

    大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

  2. 国内唯一の宇宙光通信専用1.5メートル望遠鏡を公開…情報通信研究機構

    国内唯一の宇宙光通信専用1.5メートル望遠鏡を公開…情報通信研究機構

  3. 「宇宙エレベーター」実現めざし8回目の学会、環境保護の視点も

    「宇宙エレベーター」実現めざし8回目の学会、環境保護の視点も

  4. 「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

  5. 天の川銀河の中で2番目に大きなブラックホール…慶応大などの研究チームが発見

  6. NASA月大気・塵探査機 LADEE(ラディ)打ち上げは9月6日予定…日本での月面観測も呼びかけ

  7. ESA スキンタイト宇宙服を開発 2015年に軌道実証

  8. JAXA 光学地球観測衛星と光通信衛星をコラボ運用…2019年打ち上げを目指す

  9. 大西宇宙飛行士、ロシアモジュールとソユーズ宇宙船の最終試験に合格

  10. 防衛省、JAXAと協力して宇宙開発利用を推進へ…2015年度予算案

アクセスランキングをもっと見る