【スーパー耐久 第3戦】敗者復活予選など、新フォーマットで開催…鈴鹿

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

スーパー耐久 鈴鹿(2015年)
  • スーパー耐久 鈴鹿(2015年)
モビリティランドは、鈴鹿サーキットにて6月11日・12日に「スーパー耐久シリーズ2016第3戦 『SUZUKA“S耐"サバイバル』」を開催する。

2016年のスーパー耐久シリーズは、昨年の50台を大きく上回る65台の年間エントリーがあり、鈴鹿ラウンドのレースフォーマットも大きく変化。そのひとつが、土曜に開催される「セカンドチャンス100」で、各クラスの公式予選を通過できなかった車両がエントリーする100分間のいわば「敗者復活」レース。このレースで上位に残ることができなかったチームは、翌日のレースに参加できないため、決勝進出のチャンスを懸けたサバイバルレースは、最後まで目の離せない戦いとなりそうだ。

また、決勝レースは昨年よりも1時間長い4時間耐久レースで行われ、チェッカー予想時刻は日の入り後の19時20分前後となる。1時間の延長によってより過酷さを増す薄暮でのレースクライマックス、それを乗り越えた者たちだけが受けられる夕闇のチェッカーというドラマチックなゴールが期待される。

スーパー耐久のマシンは、FIA-GT3車両が参戦する「ST-Xクラス」を筆頭に、全6クラスで国内外から多種多様なスーパーカーがエントリーし、一斉にスタートする迫力あるレースシーンを見ることができる。さらに、鈴鹿初となる「ランボルギーニ ブランパン スーパートロフェオ アジアシリーズ」も同時開催する。

前売チケットは4月10日より発売を開始。前売観戦券は1日分のパスポート付で4000円(大人)。鈴鹿サーキットならではの楽しみ方として、お得にレースと遊園地を利用できる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【バイク芸人トーク】チュートリアル 福田×レイザーラモン RG、鈴鹿8耐“あるある”を披露

    【バイク芸人トーク】チュートリアル 福田×レイザーラモン RG、鈴鹿8耐“あるある”を披露

  2. 【新聞ウォッチ】帰省にマイカー、LCC利用が急増…節約志向の強い夏休み

    【新聞ウォッチ】帰省にマイカー、LCC利用が急増…節約志向の強い夏休み

  3. 隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

    隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

  4. 怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

  5. スバル 360、「てんとう虫」が機械遺産に認定

  6. 【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

  7. 【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロ「8耐での勝利は僕にパワーをくれた、だから今年も勝ちたい」

  8. 【新聞ウォッチ】「ポケモンGO」止まない運転中の衝突事故、道交法違反…任天堂株はストップ安

  9. 【新聞ウォッチ】日産の役員報酬、ゴーン社長11億円? 9人の総額は15億3500万円

  10. 中高生のレース参加、公休判断が選手育成で課題...AJ吉田会長

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら