【ジュネーブモーターショー16】フィアットの小型ハッチ、ティーポ …20年ぶりに復活

自動車 ニューモデル モーターショー

フィアット ティーポ 新型のハッチバック
  • フィアット ティーポ 新型のハッチバック
  • フィアット ティーポ 新型のハッチバック
イタリアの自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、新型『ティーポ』(TIPO)のハッチバックを初公開した。

ティーポは、1988年に発表されたフィアットの小型ハッチバック。1994年に登場した『ブラーボ』『ブラーバ』を後継車とする形で、1995年に生産を終了した。日本市場にも、正規輸入された時期がある。

フィアットは2015年5月、トルコで開催されたイスタンブールモーターショー15において、新しい小型4ドアセダンの『AEgea』を発表。トルコ以外の欧州主要国では、同車が新型ティーポとして販売される。

ジュネーブモーターショー16では、4ドアセダンに続いて、新型ティーポの5ドアハッチバックがデビュー。フロントマスクなどの基本デザインは、セダンから継承。フィアットの小型ハッチバック、ティーポがおよそ20年ぶりに復活した。

5 ドアハッチバックのボディサイズは、全長4370mm、全幅1790mm、全高1500mm。室内は、大人5名が乗車するのに充分な空間を備え、トランク容量も440リットル(VDA計測法)を確保する。

欧州向けのパワートレインは、ガソリンとディーゼル。中でも、ガソリンの1.4リットル直列4気筒ターボは、最大出力120hp/5000rpm、最大トルク21.9kgm/2500rpmが引き出される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコード ハイブリッド】排熱回収ヒーティングシステム初採用「実用燃費を改善」

    【ホンダ アコード ハイブリッド】排熱回収ヒーティングシステム初採用「実用燃費を改善」

  2. 【NEW環境展16】ゴミ収集車もデザインで勝負…モリタの新ブランド戦略

    【NEW環境展16】ゴミ収集車もデザインで勝負…モリタの新ブランド戦略

  3. S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

    S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

  4. 【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「大幅に静粛性を向上」

  5. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  6. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  7. VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

  8. 日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

  9. 【ホンダ アコードハイブリッド】内外装刷新、モーターやバッテリーも新設計

  10. 【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「全領域で40年目の進化」…改良新型

アクセスランキングをもっと見る