富士重、次世代プラットフォームを初公開…次期 インプレッサ より採用

自動車 ビジネス 企業動向

スバルグローバルプラットフォーム
  • スバルグローバルプラットフォーム
  • スバルグローバルプラットフォーム
  • スバルグローバルプラットフォーム
  • スバルグローバルプラットフォーム
  • スバルグローバルプラットフォーム
  • スバルグローバルプラットフォーム
  • スバルグローバルプラットフォーム
富士重工業は3月7日、次世代プラットフォームとして開発を進めている「スバルグローバルプラットフォーム」の概要を公開した。

スバルグローバルプラットフォームは、「水平対向エンジン」「シンメトリカルAWD」「EyeSight(アイサイト)」とともに、次世代のスバル車を構成する基盤技術。車体・シャシー各部剛性の向上や足回り機構の進化、さらなる低重心化を推し進め、性能やスペックの先にある「感性の領域」で、新しい質の高い走りを実現する。具体的には、まっすぐ走れる、不快な振動騒音がない、快適な乗り心地を高次元で実現し、スバルらしい動的質感を徹底的に磨き上げている。

安全面でも、より効率的に衝突時のエネルギー吸収を可能とするフレーム構造や高張力鋼板を採用し、車体強度を向上。衝突エネルギー吸収率を現行車比1.4倍に高めることで、世界最高水準の衝突安全性能を実現する。また将来の電動化への対応も含め、全車種を一つのプラットフォーム設計構想で開発することができ、生産効率も向上。国内2工場および米国工場の各生産ラインがそれぞれ複数車種を生産する「ブリッジ生産」も容易になり、グローバルでの柔軟な生産体制を実現する。

スバルグローバルプラットフォームは、2016年に市場投入する次期『インプレッサ』を皮切りに、今後同社が独自開発するすべてのスバル車に採用する予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品