人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

消費税アップでも欲しいキャンピングカーを購入、3人に1人が回答…日本RV協会調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット

日本RV協会は、2017年実施予定の消費税率10%引上げがキャンピングカー購入計画に与える影響を調査し、その結果を発表した。

調査結果は、1月18日から2月17日の期間、同協会のホームページに寄せられた約200人のユーザーアンケートを集計したもの。消費税10%引上げの場合、キャンピングカー購入計画に「大いに影響を与える」と回答したユーザーは37.6%。「影響を与える可能性もあるが、まだそこまで深く考えていない」(27.1%)、「多少影響を与える」(21.0%)という回答を足すと、全体の85.7%の人が何らかの形で「影響を受ける」ことを想定していることがわかった。

しかし、消費税アップとなった場合、どのように対応するかについては、「納期の都合で、消費税アップ分が加算されても、それが欲しい車なのだから、我慢して購入する」という回答がもっとも多く35.1%に達した。次点は「あらかじめ消費税アップ分を考慮し、出費の総額を考慮した車種を選択する」(30.6%)、3番目は「消費税の影響が出ないうちに購入すれば問題がないと思っている」というものだった。

また、キャンピングカー購入計画を立てたとき、もっとも慎重に検討したものについては、「必要だと思っている装備類の機能および(オプションの場合はその)価格」(23.0%)という回答がトップ。次点は「車両の購入価格」(20.0%)、3番目は「保管する駐車スペースと車両サイズ」となった。

最後に今一番気になっているもしくは購入を検討しているキャンピングカーのジャンルについては、「国産中型~大型キャブコン」がトップで25.6%。以下、「輸入車」(18.2%)、「標準ボディの国産バンコン」(12.8%)、「国産小型キャブコン」(12.3%)、「国産バスコン」(11.3%)、「スーパーロングサイズの国産バンコン」(10.3%)、「軽キャンピングカー」(4.9%)という順になった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

    【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

  2. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

    ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  3. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

    VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  4. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

  5. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  6. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  7. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  8. アウディ、中国でトランスミッションを現地生産…A4 に搭載

  9. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

  10. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

アクセスランキングをもっと見る