SII、自動車部品の研削加工に最適な高周波スピンドルを発売

自動車 ビジネス 国内マーケット

セイコーインスツル(SII)は、自動車用燃料噴射ノズルなどを高効率に研削するのに最適な高周波スピンドル「SSPG-090 T025 SCT」の受注を3月下旬より開始する。

SIIは腕時計製造で培ったノウハウを活かし、半世紀以上にわたり小型部品の内面研削盤を製造、販売。また、SII製内面研削盤に搭載されているスピンドル「Hシリーズ」をはじめ、幅広い分野の超精密加工ニーズに応えるスピンドル「SSPGシリーズ」を販売している。

新製品は、最高回転数9万min-1、出力2.5kWで、高出力、高剛性、高精度を実現した高周波スピンドル。自動車業界をはじめ、部品メーカーや機械メーカーの超精密加工の要望に応えるため、高いレベルの精度と汎用性を追求して開発した。消費エア、オイルの削減を図り、従来のスピンドルと比較して耐環境性とランニングコストに優れ、かつ高剛性、低振動を実現している。

同社では、4月19日から21日の3日間、ポートメッセなごやで開催される「第1回 名古屋 機械要素技術展」に出展し、新製品「SSPGシリーズ」を展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  2. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  4. トヨタ自動車、米Uber社とライドシェア領域での協業を検討

  5. 三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

  6. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  7. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  8. トヨタ、マレーシアで生産体制再編…乗用車専用工場を新設

  9. 日産 GT-R NISMO、米国価格公表…ポルシェ 911ターボ を超えた

  10. 三菱自、燃費不正問題で特別損失1億円を計上

アクセスランキングをもっと見る