住友林業、トヨタの木を使ったコンセプトカー向け外板を開発・供給

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ SETSUNA
  • トヨタ SETSUNA
住友林業は、トヨタ自動車が企画・製作する、木を用いたコンセプトカー「SETSUNA」の外板を開発したと発表した。4月12日から17日までイタリアで開催される「ミラノデザインウィーク2016」に出展される。

住友林業は、「SETSUNA」の木製外板(ボディ)の製作を担当した。コンセプトを具現化するため、木部の設計、加工、組み立ての提案のほか、フレームや各種パネルなどの樹種の選択、木構造についての知識を共有した。

メンテナンス性を考慮し、外板パネルは容易に取り替えられるように設計してある。組み立てには、釘やネジを使用しない伝統技法を取り入れるなど、住宅にも活用している技術を採用した。

コンセプトカーに使用する木材はすべて国産材にこだわったことから、外板の材料には高知県にある住友林業社有林の杉を用いるとともに、木材に関する知見をトヨタに提供した。

「SETSUNA」は、「クルマが家族の積み重なる想いを受け継ぎ、人々と共に歳月を経て変わっていくことを愛でる」、という人とクルマの新たなつながりを表現するコンセプトカー。トヨタでは、コンセプトの実現にあたって、年月を重ねることで味わいや深みが増し、手入れすることで世代を超えて使い続けることができることなどから、素材として「木」を選択した。この想いに住友林業が共感して共同開発が実現した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

    【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  2. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  3. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

    スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  4. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  5. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  6. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  7. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  8. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  9. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  10. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

アクセスランキングをもっと見る