住友林業、トヨタの木を使ったコンセプトカー向け外板を開発・供給

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ SETSUNA
  • トヨタ SETSUNA
住友林業は、トヨタ自動車が企画・製作する、木を用いたコンセプトカー「SETSUNA」の外板を開発したと発表した。4月12日から17日までイタリアで開催される「ミラノデザインウィーク2016」に出展される。

住友林業は、「SETSUNA」の木製外板(ボディ)の製作を担当した。コンセプトを具現化するため、木部の設計、加工、組み立ての提案のほか、フレームや各種パネルなどの樹種の選択、木構造についての知識を共有した。

メンテナンス性を考慮し、外板パネルは容易に取り替えられるように設計してある。組み立てには、釘やネジを使用しない伝統技法を取り入れるなど、住宅にも活用している技術を採用した。

コンセプトカーに使用する木材はすべて国産材にこだわったことから、外板の材料には高知県にある住友林業社有林の杉を用いるとともに、木材に関する知見をトヨタに提供した。

「SETSUNA」は、「クルマが家族の積み重なる想いを受け継ぎ、人々と共に歳月を経て変わっていくことを愛でる」、という人とクルマの新たなつながりを表現するコンセプトカー。トヨタでは、コンセプトの実現にあたって、年月を重ねることで味わいや深みが増し、手入れすることで世代を超えて使い続けることができることなどから、素材として「木」を選択した。この想いに住友林業が共感して共同開発が実現した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  3. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

    ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  5. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  6. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  7. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  8. 【ウェルフェア16】ホンダ、ステップワゴン 車いす仕様車などを出展

  9. トムス、ハイブリッドシフトノブを発売…プリウス/レクサスCT/アクア用

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート]

アクセスランキングをもっと見る