ナイキ、履いてることすら忘れてしまう絶妙フィットの革新シューズ

エンターテインメント 話題

ナイキ・ルナエピック フライニット
  • ナイキ・ルナエピック フライニット
  • ナイキ・ルナエピック フライニット
  • ナイキ・ルナエピック フライニット
  • ナイキ・ルナエピック フライニット
  • ナイキ・ルナエピック フライニット
  • ナイキ・ルナエピック フライニット
  • ナイキ・ルナエピック フライニット
  • ナイキ・ルナエピック フライニット
ナイキは、画期的なミッドカットのデザインと、新しいツーリング(ソール)システムを採用したランニングシューズ「ルナエピック フライニット」を発売した。

ルナエピック フライニットは存在を忘れさせるフィット感、滑らかな感覚、飛び抜けた柔らかさを提供。長距離練習、プログレッション・ラン、リカバリーランなどに取り組むランナーに理想的なシューズに仕上がっている。

18カ月以上前に、サッカースパイク「マジスタ」をきっかけにシューズのコンセプトが生まれた。足首とひざ下がひとつのユニットのように連動することで、自然で滑らかな足の動きを可能にしたマジスタを参考に、ランナーにとって大事な要素であるフィット感、履き心地、力の効率的な活用を重視しつつ開発された。

まず、精密な設計が可能なフライニットのワンピースアッパーの開発が行われた。履き口の高さは、足を物理的、感覚的にシューズにしっかりと安定させるためにミッドカットを採用。強度向上に加えて、足にぴったりとフィットしながらその動きに対応できるように、ナイキフライワイヤー ケーブルが編み込まれている。

ミッドソールにはデュアルインジェクションテクノロジーを採用し、中央部には柔らかいIP素材、その周囲にはIUフォームを使用。これまでのルナロンと同じ構造を採用しつつ、接着材の代わりに熱を使って2種類のフォームをひとつに融合させている。ミッドソールの側面にはレーザーで切れ込みを入れ、クッション性と特定部分の屈曲性を高めている。

アウトソールにはゴムを使用せず、足圧分散図(プレッシャーマップ)を参考にして、レーザーで切れ込みを入れて作ったピストンのような構造を取り入れている。ピストンは個別に動き、荷重のかかった部分だけ圧縮することでライド感の良さを実現。クッション性とトラクションを最大化するソールは、推進力も効率よく生かす。

サイズはメンズ 24.5-30cm、ウィメンズ 22.5-26.5cmを用意。各2万1600円(税込み)。

ナイキ、ミッドカットのランニングシューズ「ルナエピック フライニット」

《美坂柚木@CycleStyle》

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. 【GARMIN vivomove classic インプレ中編】見た目はアナログ時計、中身はライフログ機器

    【GARMIN vivomove classic インプレ中編】見た目はアナログ時計、中身はライフログ機器

  2. 【GARMIN vivomove classic インプレ前編】アナログ時計のようなフィットネスバンド

    【GARMIN vivomove classic インプレ前編】アナログ時計のようなフィットネスバンド

  3. 『ポケモンGO』広島市が平和記念公園の「ジム」「ポケストップ」削除要請

    『ポケモンGO』広島市が平和記念公園の「ジム」「ポケストップ」削除要請

  4. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  5. 【GARMIN fenix 3J Titanium 海外インプレ前編】海外初使用、その使い勝手は?

  6. 花火大会の混雑予測---「Yahoo!地図」アプリで

  7. 【GARMIN vivoactive J インプレ後編】ライバルはApple Watch? コスパで群抜く体育会系スマートウォッチ

  8. 透明なのにカルピスの乳酸菌---アサヒ『おいしい水』シリーズに新製品

  9. ジャッポーン! 鈴鹿サーキットのプールに新スライダー[フォトレポート]

  10. 【GARMIN vivoactive J インプレ前編】Apple Watchに似てApple Watchに非ず? カスタム自在の万能型スマートウォッチ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら