衝突に焦り、ペダルを踏み込みすぎて自走式立体駐車場から転落

自動車 社会 社会

2日午前10時45分ごろ、静岡県沼津市内にある病院敷地内の自走式立体駐車場で乗用車が暴走。壁を突き破って約4m下に転落する事故が起きた。この事故でクルマを運転していた84歳の男性が軽傷を負っている。

静岡県警・沼津署によると、現場は沼津市大岡付近にある病院敷地内の自走式立体駐車場。84歳の男性が運転する乗用車は駐車スペースからバックで進出しようとしていたが、走路を挟んで反対側に止まっていたクルマなど3台に衝突。この直後に前進し、壁を突き破って約4m下に転落した。

クルマは中破。運転していた男性は顔面を打撲するなどの軽傷を負ったが、助手席に同乗していた67歳の女性にケガはなかった。

聴取に対して運転者の男性は「他のクルマにぶつかってしまい、慌ててアクセルを強めに踏み込んでしまった」などと供述しているようだ。警察ではペダル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品