シンガポール航空、トラベルアプリに新機能を追加…搭乗前のコンテンツ確認などが可能に

航空 企業動向

シンガポール航空は3月3日、トラベルアプリ「SingaporeAir」に、機内エンターテインメント(IFE)システムの「クリスワールド」をより快適に楽しめる新機能「コンパニオン・アプリ」を追加すると発表した。

MTTとパナソニック・アビオニクスが共同開発した「コンパニオン・アプリ」を利用すると、搭乗前に手持ちのタブレットから機内で楽しめる動画・音楽コンテンツを確認し、お気に入りリストを作れる。機内では、タブレットをIFEシステムのリモコンとして使えるほか、座席のモニターで映画を鑑賞しながら、タブレットでIFEシステムのコンテンツを確認するといったマルチタスクも可能になる。

新機能は今のところ、機内Wi-Fiを導入するエアバスA350-900で利用できる。シンガポール航空はA350-900を3日に受領したばかり。新機能の対象端末は、Android、iOS搭載のタブレットに限られているが、9月までにAndroid、iOS搭載のスマートフォンが加わる予定。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

    羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

  2. ボーイング 737 MAX デビューへ…ファンボロー航空ショーで

    ボーイング 737 MAX デビューへ…ファンボロー航空ショーで

  3. ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

    ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

  4. ANA、ボンバルディアDHC-8-Q400型機を調達…MRJ の納入遅れで?

  5. エアバス、エチオピア航空 A350XWB 第1号機を引き渡し

  6. 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

  7. ボンバルディア、SWISSに CS100 初号機を納入…営業飛行開始は7月15日

  8. 【夏休み】エアバス A380 オリジナル紙飛行機を制作する

  9. 羽田の国際枠拡大で経済効果は年6500億円…国交省試算

  10. 【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

アクセスランキングをもっと見る