開業50周年の富士スピードウェイ…大改修から10年超、管制システム等さらに充実

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

リニューアルされた管制室。
  • リニューアルされた管制室。
  • リニューアルされた管制室。
  • 富士スピードウェイは50周年を迎えた。
  • FSWの原口社長。
  • 発表会兼謝恩パーティーでは、往年の名手と現役一線どころのトークショーも実施された。
  • 謝恩パーティーのビュッフェにはこんな演出の料理も。
  • 現在の富士の代表的レースは世界耐久選手権(WEC)。
  • ママチャリのビッグレースなども富士では開催されている。
5日、50周年記念企画の概要について発表した富士スピードウェイ(FSW)は、併せてさらなる施設充実についても公表している。

2005年シーズンを前に、コースレイアウトを含めて大きく生まれ変わったFSW。その後も継続的に施設充実が行なわれてきているが、今季以降も引き続きさらなる向上が図られる。

まず観客目線のところでは、グランドスタンド1階席の改修を本年より3期に分けて実施。これは安全性向上を目的とした耐震強化、また新たな観戦環境づくりを目指して「車いす専用観戦エリア」や「グループシート」を1階席上部に新たに設置するものだ(第1期工事は3月中旬完了予定で、26~27日のSUPER GT公式テスト時より利用可能となる予定)。

原口英二郎FSW社長は今後の課題として、「男性、そして40歳代が主流であるビッグレース開催時の観客層を、より広いものにしていきたい」との意を語っており、これまでも実施してきた授乳室やトイレ等に代表されるファミリー関連の施設・サービスの向上に一層努めていく旨も表明している。

レース目線では、より正確かつ迅速なジャッジのために、コース管制システムのリニューアルを実施。管制室をコントロールセンター1階から2階に移動し、コース監視カメラをデジタルハイビジョン化、さらに日本のサーキットでは初めてとされる「4Kカメラ」も4台が追加配置された。

4Kカメラの設置場所は、パッシングポイントとなることが多い「第1コーナー」「アドバンコーナー(ヘアピン)」「ダンロップコーナー」「パナソニックコーナー(最終コーナー)」の各所。より正確で迅速なジャッジを可能とすることで、「ペナルティにつながる事案等が発生した場合にもなるべくレース中のペナルティ消化を促進し、お客さまが帰路につかれてから結果が変わることがないようにしたい」との意をFSWのスタッフは語っている。

いろいろな意味で、より観戦しやすいサーキットへ。FSWは次の50年に向けてこれからも前進を続ける。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

    【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  2. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

    【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

  3. 【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

    【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

  4. 【第100回 INDY500】新人ロッシ優勝…ホンダ勢の今季シリーズ戦初勝利が最大舞台で実現

  5. 【ニュル24時間2016】最終ラップで劇的な逆転、ブラックファルコンのメルセデスAMGが優勝

  6. 【スーパー耐久 第3戦】新型シビック タイプR、マーシャルカーとして登場

  7. 【新聞ウォッチ】マツダ、ハンドルのふらつきを自動調整する新技術に注目

  8. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  9. 【ニュル24時間 2016】初参戦のレクサスRC F、総合24位

  10. 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、クラス2連覇を達成

アクセスランキングをもっと見る