カーメイト、安全運転支援アプリの共同開発で大分県警から感謝状

自動車 ビジネス 企業動向

安全運転支援アプリ ドラさぽ
  • 安全運転支援アプリ ドラさぽ
  • 大分県警察本部での表彰式
  • 感謝状
カーメイトは、大分県の交通事故抑止に対する貢献が認められ、大分県警察本部で2月29日に行われた表彰式にて感謝状を受け取った。

同社は、追突事故の割合が高い大分県の現状に対して、ドライバーに適切な車間距離の自覚を促す安全運転支援アプリ「ドラさぽ」を大分県警と共同開発。利用者情報を分析した結果をともに発表したことで県民の交通安全意識高揚を図ったほか、来年度に向けて、県民が誰でも使用できるように「ドラさぽ」を改良した一般公開アプリの開発をするなど、交通事故抑止に大きく貢献した。

大分県では昨年、交通事故死者数46人で過去3番目に少ない数字を記録し、交通事故による死傷者数が第9次大分県交通安全計画の目標数6500人以下を達成。これらの成果から、トラック協会、バス協会、タクシー協会などが表彰される中で唯一、民間企業として表彰された。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  3. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  5. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  6. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】スマホと運転、両操作をつなぐ次世代コックピットを日本初公開…ヴァレオ

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

  9. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  10. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

アクセスランキングをもっと見る