【ジュネーブモーターショー16】戦闘機から着想、ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ を公開

自動車 ニューモデル モーターショー

ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ(ジュネーブモーターショー16)
  • ランボルギーニ ステファン・ヴィンケルマンCEO(ジュネーブモーターショー16)
アウトモビリ・ランボルギーニは、『ウラカンLP610-4 アヴィオ』をジュネーブ・モーターショーで発表した。アヴィオは250台のみ生産される限定モデルで、飛行機や航空術から着想を得て開発した。

アヴィオは、戦闘機に使われているテクノロジー、空力学や人間工学の技術、スタイルを取り入れた。デジタル・インストルメント・クラスター、コックピットのようにセンターコンソールに設けられた各制御装置、赤いエンジン「始動」ボタン、ボディライン、マット仕上げのボディなど、さまざまな要素を盛り込んだ。リフトシステム、クルーズコントロール、ナビゲーションなどが標準装備される。

ボディカラーと対照的な白またはグレーのペイントを、サイドメンバー上端、サイドミラー、フロントスポイラーのリップなど随所にアクセントとして添えている。加えて白またはグレーの二重ストライプがルーフからフロントボンネットまで一直線に流れる。

ドアパネルにはランボルギーニの「L」、ランボルギーニ設立の1963年の63を表す「L63」というロゴが装着される。また、Lと63の間には、イタリアの三色旗をモチーフにし、航空業界では国籍を表わす円形章を表現。

カラーは独自開発した5色を設定。標準カラーは、パール光沢仕上げのグリジオ・ファルコ、オプションカラーとして、マットのブリュ・グリフォ、グリジオ・ニビオ、グリジオ・ヴルカーノ、ヴェルデ・トゥルビンの4色を設定する。これらの名前はイタリア空軍アカデミーコースを示す紋章にちなんだもの。「アド・ペルソナム」仕様では、標準カラー以外の好みな色とトリムを選択できる。

内装には、黒レザーとアヴィオで初めて使用されたレーザー彫刻による六角形の模様があしらわれてた特別なアルカンターラを用いる。このアルカンターラをシート中央、アームレスト、ニーサポート、ドアパネルの一部に使用、黒とは対照的な白のステッチが施される。

さらに、L63のロゴがシート側面に手刺繍される。内装カラーとトリムもアド・ペルソナムにより、カスタマイズできる。ドライバー側のウインドウについているプレートに、職人によってエナメル加工が施されている。

エンジンは610馬力の自然吸気5.2リットルV10エンジンで、デュアルクラッチの7速ギアボックスを備え、アルミニウムとカーボンファイバーのハイブリッドシャーシで覆われる。パワーウェイトレシオは2.33kg/hpで、0-100km/h加速は3.2秒。最高速度は325km/hを超える。

ウラカンLP610-4 アヴィオは、2016年夏に登場予定。日本での価格は2820万円(税別)。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

    【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  2. スバル レヴォーグ STIパーツ装着車、乗れば運転が上手くなる?[写真蔵]

    スバル レヴォーグ STIパーツ装着車、乗れば運転が上手くなる?[写真蔵]

  3. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

    【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  4. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  5. トヨタ TRD プリウス、エコだけじゃないその走り[写真蔵]

  6. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  7. BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

  8. スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

  9. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

  10. なぜカストロールエッジはアウディ R8 新型に純正採用されたのか?

アクセスランキングをもっと見る