【ジュネーブモーターショー16】戦闘機から着想、ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ を公開

自動車 ニューモデル モーターショー

ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ(ジュネーブモーターショー16)
  • ランボルギーニ ステファン・ヴィンケルマンCEO(ジュネーブモーターショー16)
アウトモビリ・ランボルギーニは、『ウラカンLP610-4 アヴィオ』をジュネーブ・モーターショーで発表した。アヴィオは250台のみ生産される限定モデルで、飛行機や航空術から着想を得て開発した。

アヴィオは、戦闘機に使われているテクノロジー、空力学や人間工学の技術、スタイルを取り入れた。デジタル・インストルメント・クラスター、コックピットのようにセンターコンソールに設けられた各制御装置、赤いエンジン「始動」ボタン、ボディライン、マット仕上げのボディなど、さまざまな要素を盛り込んだ。リフトシステム、クルーズコントロール、ナビゲーションなどが標準装備される。

ボディカラーと対照的な白またはグレーのペイントを、サイドメンバー上端、サイドミラー、フロントスポイラーのリップなど随所にアクセントとして添えている。加えて白またはグレーの二重ストライプがルーフからフロントボンネットまで一直線に流れる。

ドアパネルにはランボルギーニの「L」、ランボルギーニ設立の1963年の63を表す「L63」というロゴが装着される。また、Lと63の間には、イタリアの三色旗をモチーフにし、航空業界では国籍を表わす円形章を表現。

カラーは独自開発した5色を設定。標準カラーは、パール光沢仕上げのグリジオ・ファルコ、オプションカラーとして、マットのブリュ・グリフォ、グリジオ・ニビオ、グリジオ・ヴルカーノ、ヴェルデ・トゥルビンの4色を設定する。これらの名前はイタリア空軍アカデミーコースを示す紋章にちなんだもの。「アド・ペルソナム」仕様では、標準カラー以外の好みな色とトリムを選択できる。

内装には、黒レザーとアヴィオで初めて使用されたレーザー彫刻による六角形の模様があしらわれてた特別なアルカンターラを用いる。このアルカンターラをシート中央、アームレスト、ニーサポート、ドアパネルの一部に使用、黒とは対照的な白のステッチが施される。

さらに、L63のロゴがシート側面に手刺繍される。内装カラーとトリムもアド・ペルソナムにより、カスタマイズできる。ドライバー側のウインドウについているプレートに、職人によってエナメル加工が施されている。

エンジンは610馬力の自然吸気5.2リットルV10エンジンで、デュアルクラッチの7速ギアボックスを備え、アルミニウムとカーボンファイバーのハイブリッドシャーシで覆われる。パワーウェイトレシオは2.33kg/hpで、0-100km/h加速は3.2秒。最高速度は325km/hを超える。

ウラカンLP610-4 アヴィオは、2016年夏に登場予定。日本での価格は2820万円(税別)。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

    フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  2. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

    ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  3. GM、「ZR1」を再び商標登録…コルベット に最強版か

    GM、「ZR1」を再び商標登録…コルベット に最強版か

  4. ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

  5. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  6. ポルシェ初のワゴン「シューティングブレーク」高速テストを見た[動画]

  7. 【カーグッズ】チャイルドシート事情…忘れがちな「子どもの快適性」

  8. 【グッドウッド16】ニュルFF最速、VW ゴルフ GTI クラブスポーツS…ヒルクライムに

  9. メルセデス Aクラス、次世代型はSUV風に進化する!?

  10. スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

アクセスランキングをもっと見る