NVIDIA、ドローンに人工知能もたらすJetson TX1を日本国内で販売

航空 企業動向

NVIDIAは、ドローンや自律型ロボット向けに機械学習の力で、自ら学び、自律稼働できるマシンを作ることができる「Jetson TX1」を日本国内でも提供開始すると発表した。

「Jetson TX1」をドローンに活用することで、リモコンで飛ぶだけでなく、自ら経路を考えて飛行し、探索や救助が行うことが可能となる。また周りの人々を写すだけでなく、不審者を見つけだすことができる小型セキュリティ・システムにもなる。

また、命じられたタスクをこなすだけでなく、個人の習慣に合わせて作業内容を調整できるロボットの実現が可能になる。これらは、機械学習、コンピュータビジョン、ナビゲーションなどの機能を組み込むことで作りあげられる。

「Jetson TX1」は、オブジェクトの認識や情報の解釈を学習できるコンピュータ・ソフトウェア、ディープ・ニューラル・ネットワークに対応した世界初の組み込みコンピュータ。このコンピュータ・プログラミングの新しいアプローチは機械学習と呼ばれ、画像認識、会話の解釈、家具が点在する部屋をどう通ればいいのか解釈するなど、複雑なタスクを行うことができる。

Jetsonは、15年前の世界最速スーパーコンピュータに匹敵する1テラフロップスの処理能力を持ち、わずかな消費電力で、機械学習、コンピュータビジョン、GPUコンピューティング、グラフィックスなどに優れたパフォーマンスを発揮する。

「Jetson TX1」は、モジュールだけでなく、開発キットという形でも販売され、ホビーストもプロフェッショナルも、高度な自律機器を開発・検証することが可能となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 24年ぶりの直行便就航…エア・セルビアがベオグラード=ニューヨーク線を開設

    24年ぶりの直行便就航…エア・セルビアがベオグラード=ニューヨーク線を開設

  2. 【夏休み】成田国際空港、ワンデイ・サマースクールを実施…ANA訓練施設で職業体験も

    【夏休み】成田国際空港、ワンデイ・サマースクールを実施…ANA訓練施設で職業体験も

  3. 東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

    東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

  4. ボンバルディア、CRJ900型機10機の受注が確定…顧客名は非公表

  5. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  6. MRJ、エンジン空中停止や片エンジンなどの飛行試験を実施…三菱航空機

  7. MRJ、日本海上空や随伴機なしで飛行試験

  8. JAL、訪日外国人向けに九州線1区間5400円

  9. スカイロボット、人工知能を搭載したドローンで遭難者を探索する実証実験を実施

  10. レアル・マドリードの男子バスケ部門、欧州王者に輝く…大会冠スポンサーはターキッシュ・エアラインズ

アクセスランキングをもっと見る