【ジャパンボートショー16】S660 とおそろいカラーの船外機! E500は来春発売予定

船舶 エンタメ・イベント

4/1発売予定の2馬力。カラーはS660に合わせている
  • 4/1発売予定の2馬力。カラーはS660に合わせている
  • アンケートで人気の色を商品化する予定
  • 中国での新しい生産体制の元、生産される
  • モーターショーで展示して以来、各方面から市販の声があがっているインバーターバッテリー
  • 国内レース用のパワーボート
  • ブースはスポーツとカラーをテーマとしている
  • 船外機の展示エリア
パシフィコ横浜で開催された「ジャパン インターナショナルボートショー 2016」。ホンダのブースではカラフルなかわいらしい船外機が目を引いていた。

「BF2-DH」という新製品で2馬力の小型ボート用の船外機だ。市販は4月1日を予定しており、ブースでは6色のカラーバリエーションが展示されているが、これは市販前にブースで展示し、来場者のアンケートをとって、最終的なカラーバリエーションが決定されるという。

現行モデルとの違いはカウルのカラーだけではない。「タンクの容量をアップしているので、現行モデルより航続距離が伸びています。そのほか利便性もアップしています。また、今回候補として用意したカラーは、S660のボディカラーと同じものにしています。(汎用パワープロダクツ事業本部 マリン事業室 主任 本間勲氏)」

もうひとつ、参考展示してあったのが超小型の「発発」(発動機発電機)に見えるインバータ搭載のバッテリーだ。こちらは2015年のモーターショーで展示され、その後のイベントでも展示され発売が待たれている製品だ。ブースでは、来年の春発売予定としていた。供給能力は300Whとのことで、100V1Aの製品なら3時間ほど使える計算になる。用途は災害用・非常用というより、レジャーやドライブなどに積極的に持ち出してほしいとのコンセプトで開発しているという。

キャンプでの調理器具などはちょっと厳しいが、テレビのような家電製品、LED照明器具、スマホやカメラの充電ならかなりいけそうだ。小型のゴムボートやフィッシングボートは発電機など搭載していないので、釣りのお供としては1日水上にいても音楽やテレビが楽しめそうだ。インバーター搭載のバッテリーだが、DC5VのUSB端子も装備されている。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 【海の日】6400台積載可、自動車運搬船「アクアマリンエース」を見学できる

    【海の日】6400台積載可、自動車運搬船「アクアマリンエース」を見学できる

  2. 世界遺産が期待する1時間30分、新造船「おがさわら丸」「ははじま丸」の就航

    世界遺産が期待する1時間30分、新造船「おがさわら丸」「ははじま丸」の就航

  3. 名古屋港にアジア最大級のクルーズ船が初寄港 6月27日

    名古屋港にアジア最大級のクルーズ船が初寄港 6月27日

  4. 【海の日】自動車専用船の船内見学も、「船」が好きになるイベント

  5. 釣り需要に最適な2馬力…ヤマハ発、ポータブルタイプの4スト船外機を発売

  6. 商船三井、次世代型自動車船のデザインを公表…2017年デビュー

  7. 最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表

  8. 自動車専用船「APHRODITE LEADER」に720人の見学者...日本郵船

  9. 【ジャパンボートショー16】トーハツの歴史のひとつ、スポーツバイク「ランペット」を展示

  10. フェリーさんふらわあ、「弾丸フェリー」を期間限定で販売…関西=九州往復セットが1万円

アクセスランキングをもっと見る