人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

JAXA、8人が閉鎖環境で14日滞在する試験を計画通り終了…次回は夏以降

宇宙 科学

閉鎖環境滞在開始前の説明の様子(2016年2月5日・閉鎖滞在開始日撮影)
  • 閉鎖環境滞在開始前の説明の様子(2016年2月5日・閉鎖滞在開始日撮影)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、「閉鎖環境適応訓練設備を用いた有人閉鎖環境滞在試験」として実施していた、2週間(13泊14日)の閉鎖環境滞在を計画通り終了した。

試験に参加した被験者8人の健康状態に問題はないとしている。今後、閉鎖環境滞在後の事後測定を行い、試験を完了する予定。

国際宇宙ステーション(ISS)に4~6カ月滞在する宇宙飛行士は、閉鎖環境に置かれるため、精神心理的な側面にさまざまな負担を受ける。

今回の試験は、客観的な指標に基づく精神心理的ストレス状態評価手法を用いることで、ISS宇宙飛行士の精神心理的健康状態評価手法を向上させることを目的に実施した。これにより、JAXAは将来の超長期有人宇宙滞在にも適用可能な精神心理的健康管理手法獲得を目指す。

次回試験は、今年夏以降に実施を検討する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. GSユアサ、宇宙用リチウムイオン電池の採用数が110機超に

    GSユアサ、宇宙用リチウムイオン電池の採用数が110機超に

  2. シグナス補給船運用5号機が国際宇宙ステーションを離脱

    シグナス補給船運用5号機が国際宇宙ステーションを離脱

  3. H3ロケットの開発などのチャレンジを紹介するシンポジウム 7月28日

    H3ロケットの開発などのチャレンジを紹介するシンポジウム 7月28日

  4. 「はやぶさ2」、追加イオンエンジン運転で軌道修正に成功

  5. JAXA、ISS「きぼう」日本実験棟から米国の超小型衛星の放出作業を完了

  6. ウェザーニューズ、アクセルスペースに資本参加…超小型衛星を利用した気象情報提供を拡充

  7. アルマ望遠鏡で巨大ブラックホールに吸い込まれるガス雲の様子を初観測

  8. 静止気象衛星「ひまわり8号」、7月7日から運用を開始

  9. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  10. GSユアサ、「こうのとり」5号機に高性能リチウムイオン電池を供給

アクセスランキングをもっと見る