JAXA、8人が閉鎖環境で14日滞在する試験を計画通り終了…次回は夏以降

宇宙 科学

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、「閉鎖環境適応訓練設備を用いた有人閉鎖環境滞在試験」として実施していた、2週間(13泊14日)の閉鎖環境滞在を計画通り終了した。

試験に参加した被験者8人の健康状態に問題はないとしている。今後、閉鎖環境滞在後の事後測定を行い、試験を完了する予定。

国際宇宙ステーション(ISS)に4~6カ月滞在する宇宙飛行士は、閉鎖環境に置かれるため、精神心理的な側面にさまざまな負担を受ける。

今回の試験は、客観的な指標に基づく精神心理的ストレス状態評価手法を用いることで、ISS宇宙飛行士の精神心理的健康状態評価手法を向上させることを目的に実施した。これにより、JAXAは将来の超長期有人宇宙滞在にも適用可能な精神心理的健康管理手法獲得を目指す。

次回試験は、今年夏以降に実施を検討する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、大西宇宙飛行士搭乗のソユーズ打ち上げとハッチオープンをライブ配信

    JAXA、大西宇宙飛行士搭乗のソユーズ打ち上げとハッチオープンをライブ配信

  2. X線天文衛星「ASTRO-H」搭載のH-IIAロケット30号機、打ち上げ時間が決定

    X線天文衛星「ASTRO-H」搭載のH-IIAロケット30号機、打ち上げ時間が決定

  3. 最後のプログレスM-29Mが国際宇宙ステーションから分離…太平洋上に投棄へ

    最後のプログレスM-29Mが国際宇宙ステーションから分離…太平洋上に投棄へ

  4. 文部科学省、X線天文衛星「ひとみ」の異常要因分析を検証する小委員会を設置

  5. NASA、ロッキード・マーティンX-56Aのエンベロープ拡大フライトを完了

  6. 「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

  7. JAXA、小型ロケット「イプシロンロケット」の打ち上げ日を決定…8月22日

  8. アルマ望遠鏡で巨大ブラックホールに吸い込まれるガス雲の様子を初観測

  9. IHI、「イプシロンロケット」のエンジニアが小学生との交流…夢のあるキャリア教育

アクセスランキングをもっと見る