【F1】新コックピット保護システム「ハロ」、フェラーリが初めて実走テスト

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

F1の新コックピット保護システム「ハロ」が初登場
  • F1の新コックピット保護システム「ハロ」が初登場
  • F1の新コックピット保護システム「ハロ」が初登場
F1のプレシーズンテストが行われているスペインのカタロニア・サーキットで、現在導入が検討されている新コックピット保護システム「ハロ」の実走行テストが初めて行われた。

担当したのはフェラーリのキミ・ライコネン。3日目の午前のセッションに、コックピットのドライバー頭部を守るように黒い構造物が取り付けられコースイン。これまでCGデザインなどの“構想”として紹介されることは多かったが、こうして実物が完成し公式テストで装着しての走行は初めて。今までのF1マシンとは全く異なる印象を与える外観に、世界中でも賛否両論の話題となっている。

F1をはじめフォーミュラカーのレースでは近年、2014年のジュール・ビアンキの事故などを受けて、ドライバーの頭部を守るための新たな安全デパイスの導入について議論が進められている。その中でFIAが特に推奨しており、2017年からの実用化を目指しているのが、この「ハロ」。他車のクラッシュしたパーツが飛来してドライバーのヘルメットに直撃するのを防ぐ役割を担うことになっている。

今回のテストを皮切りに、シーズン中にも実走行テストで登場する機会が増えていきそうだ。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版、6月3日発売決定

    ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版、6月3日発売決定

  2. 新旧スポーツカー120台が疾走…浅間ヒルクライム2016[写真蔵]

    新旧スポーツカー120台が疾走…浅間ヒルクライム2016[写真蔵]

  3. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

    【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  4. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

  5. 【F1 モナコGP】トヨタ MIRAI、オープニングラップに起用

  6. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  7. 【新聞ウォッチ】日産の役員報酬、ゴーン社長11億円? 9人の総額は15億3500万円

  8. 【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

  9. 浅間ヒルクライムに2万人が来場、自動車文化の発展と地域振興めざす

  10. 【ニュル24時間 2016】クラス2連覇のスバル、パブリックビューイングでも歓喜の輪

アクセスランキングをもっと見る