アウディ、16年中にクリーンディーゼル車を日本市場に投入へ

自動車 ビジネス 国内マーケット

アウディは2016年中にディーゼルエンジン車を日本市場に投入する
  • アウディは2016年中にディーゼルエンジン車を日本市場に投入する
  • アウディ 販売・マーケティング担当役員 ディートマー・フォッゲンライター 氏
  • アウディ 年次報告会見
  • アウディ 取締役会会長 ルパート シュタートラー 氏
  • アウディ 年次報告会見
アウディの販売・マーケティング担当役員を務めるディートマー・フォッゲンライター氏は3月3日にドイツ・インゴルシュタットにある本社で開いた2015年次報告会見で、日本市場にクリーンディーゼルエンジン搭載車を2016年中に投入する方針を明らかにした。

フォッゲンライター氏はクリーンディーゼルエンジン車にについて「日本にも当然投入する」とした上で、「日本にはエコカー減税が適用されるクリーンディーゼルエンジンとして必ず今年中に導入する」と述べた。

また一連のディーゼルエンジン排ガス不正問題の発端となった米国市場に関しては「ディーゼル車を米国でも出していく。今年2回米国に行きディーゼル車ユーザーに会ったところ、ディーゼル車に対する関心は以前と変わらずに大きいものがあり、現在のディーゼル車に非常に満足して頂いている。我々はディーゼルを正しい軌道に戻してユーザーニーズにこれからも応えていく」との考えを示した。

またルパート シュタートラー取締役会会長は年次報告会見の冒頭でディーゼル不正問題に触れ「我々はお詫び申し上げるとともに、完全な透明性を持ってすべて解明することを約束する」と明言したが、原因解明を含む今後の改善方針に関しては「4月のVW側からの発表を待って公表したい」と述べるにとどめた。


《取材協力》
アウディジャパン
《小松哲也》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品