新車販売総合、新型プリウス が タント を振り切り3か月連続トップ…2月車名別

自動車 ビジネス 国内マーケット

新車販売トップ3のプリウス、タント(カスタム)、N-BOX
  • 新車販売トップ3のプリウス、タント(カスタム)、N-BOX
  • トヨタ プリウス
  • ダイハツ タント カスタム
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会がまとめた、2月の車名別新車販売台数によると、トヨタ『プリウス』が1万9010台(44.9%増)で3か月連続のトップとなった。

2位は軽自動車勢トップのダイハツ『タント』で1万7977台(0.1%増)、3位はホンダ『N-BOX』で1万7897台(11.5%減)、トップ3は前月同様となった。2015年新車販売総合トップのトヨタ『アクア』は、新型プリウス登場の影響もあり、1万4010台(38.5%減)で、前月と同じ5位にとどまった。

2月の新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:プリウス(トヨタ)1万9010台(44.9%増)
2位:タント(ダイハツ)1万7977台(0.1%増)
3位:N-BOX(ホンダ)1万7897台(11.5%減)
4位:デイズ(日産)1万6439台(12.7%減)
5位:アクア(トヨタ)1万4010台(38.5%減)
6位:フィット(ホンダ)1万0013台(16.6%減)
7位:アルト(スズキ)9876台(4.9%減)
8位:ノート(日産)9800台(6.6%減)
9位:N-WGN(ホンダ)8974台(24.9%減)
10位:ハスラー(スズキ)8909台(5.4%増)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

    ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

  2. 30年間使用された免震ゴム、性能を維持---ブリヂストンが確認

    30年間使用された免震ゴム、性能を維持---ブリヂストンが確認

  3. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

    【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  4. JXホールディングスと東燃ゼネラルが経営統合へ「JXTGホールディングス」

  5. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  6. メルセデスの世界販売、BMWとアウディを抑える 7月

  7. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  8. 三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

  9. ボルボカーズ、400名のエンジニアを採用…過去最大規模

  10. 有珠山SAと八雲PAからの3Dパノラマビューを公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら