【鈴鹿の名“対決”】ガードナーとの激闘を制し、シュワンツ悲願の初V…1988年WGP日本GP

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

鈴鹿の名対決1988年WGP日本GP
  • 鈴鹿の名対決1988年WGP日本GP
  • 鈴鹿の名対決1988年WGP日本GP
  • 鈴鹿の名対決1988年WGP日本GP
  • 鈴鹿の名対決1988年WGP日本GP
  • 鈴鹿の名対決1988年WGP日本GP
  • 鈴鹿の名対決1988年WGP日本GP
  • 鈴鹿の名対決1988年WGP日本GP
F1日本GP同様にWGPライバル対決がクローズアップされた。特に1988年以降は、その対決の主役の1人にケビン・シュワンツがいた。

◆ワイン・ガードナー vs ケビン・シュワンツ

この年からワークス活動を再開したスズキのケビン・シュワンツが開幕戦から活躍を見せた。

前年王者ワイン・ガードナー(ホンダ)を従え、序盤から先行するシュワンツ。チャンピオンらしい落ち着いた走りで相手の隙をついていくガードナーに対し、シュワンツは若手らしいダイナミックな走りで、なんとかガードナーを振り切ろうという気迫あふれるライディングをみせた。

周回ごとに順位を入れ替えながら終盤まで接近戦のバトルを演じ、どちらが勝つのか最後の最後まで全く分からない白熱した展開に。これにはスタンドに詰めかけたファンも盛り上がっていった。そして最終ラップ。2番手を走るガードナーは最後のチャンスとばかりにヘアピンを立ち上がってシュワンツとの間隔をつめていくが、200Rでバランスを崩しコースオフ。転倒は免れたが大きなタイムロスとなってしまい勝負あり。

ガードナーの執拗なプレッシャーに屈することなく、最後まで自分のスタイルを崩さなかったシュワンツが念願の初優勝を飾った。

ウイニングランでは、立ち上がって両手でガッツポーズを繰り返したシュワンツ。この光景は今でもファンの間では語り継がれている名シーンだ。

◆エディ・ローソン vs ワイン・ガードナー

若いシュワンツが台頭する一方、この年のチャンピオン争いはエディ・ローソン(ヤマハ)とワイン・ガードナー(ホンダ)の戦いとなった。前年はガードナーが強さを見せたが、88年はローソンとヤマハ勢が有利の展開で進んでいった。それでもガードナーとホンダ勢も諦めずに挽回。オランダ、ベルギー、チェコと3連勝しローソンを猛追。第14戦チェコでシーズン4勝目をマークするが、最終的に逆転には至らずローソンが3度目のチャンピオンを獲得。再びゼッケン1番はローソンの元に戻ることになった。

毎年のように繰り広げられた2人のチャンピオンだったが、気づけばヤマハとホンダを巻き込んだ総力戦になっていた。
《吉田 知弘》

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【SUPER GT】今季最終もてぎ連戦、予選は“選手個別”時間形式で実施へ

    【SUPER GT】今季最終もてぎ連戦、予選は“選手個別”時間形式で実施へ

  2. 【サーキット美人2016】鈴鹿8耐『CLEVER WOLF レースクイーン』

    【サーキット美人2016】鈴鹿8耐『CLEVER WOLF レースクイーン』

  3. フェラーリ 1/24モデル×全60号…デアゴスティーニから

    フェラーリ 1/24モデル×全60号…デアゴスティーニから

  4. 【SUPER GT 第6戦】スバル WRX S4 tS コンセプトを展示

  5. スズキ、二輪車世界耐久選手権で年間チャンピオン獲得…2年連続15回目

  6. 世界からも注目される、日本生まれの異端児たち…『月刊自家用車』10月号

  7. 【新聞ウォッチ】お洒落な街・代官山にクラシックな歴代クラウン大集合

  8. レクサスで行くネスレマッチプレーレクサス杯観戦ツアー、特別な3日間

  9. 【新聞ウォッチ】全日空の「B787」、英ロールス・ロイス製エンジン不具合で350便欠航へ

  10. レクサス F オーナー向けドライビングレッスン 富士で9月23日

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら