BMWジャパン、2016年はMモデルを4台導入予定

自動車 ビジネス 国内マーケット

BMW M6 GT3
  • BMW M6 GT3
  • BMW M6 GT3
  • BMW M6 GT3
  • BMW Team Studieの面々
  • BMW M2クーペのMパフォーマンスパーツ
  • BMW M4 GTS(東京モーターショー15)
  • BMW X4 M40i
  • BMW M760Li xDrive
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『M6 GT3』でSUPER GT2016に参戦するBMW Team Studieを3年連続でコラボレーションパートナーとしてのサポートを行うと発表。また、同社は今年、市販のBMW Mモデルの導入を強化する予定だという。

ビー・エム・ダブリュー代表取締役社長のペーター・クロンシュナーブル氏は、「特に今年のSUPER GTに関心を持っている」と話す。その理由は、「BMWグループが100周年を迎えるということと、2016年はBMW Mにおいても非常にエキサイティングな年になる予定だからだ」という。

今年最初に“M”の称号を付けた新型車は『M2』で、「最もコンパクトなMモデルだ」とクロンシュナーブル氏。日本での発表は、「5月のSUPER GTシリーズ第二戦、富士でお披露目する予定だ」と述べる。

また、「2016年は東京モーターショー2015でワールドプレミアした『M4 GTS』が日本で発売になる年でもある」とクロンシュナーブル氏。「これだけでもBMWがいかに日本のレースシーンを尊重しているかがわかるだろう」とコメント。これら以外にもBMW『X4 M40i』と、7シリーズの『M 760i』が導入予定だ。

BMW Team Studieが今年使用するマシンはM6 GT3で、昨年同チームが使用した 『Z4 GT3』に代わるものだ。クロンシュナーブル氏は、「今シーズンもMブランドのレースマシンで出走するということは BMW Mのプロファイルを日本のモータースポーツにおいて高めるだけではなく、(こういった)モータースポーツのマーケティング活動をさらに活用することで、BMW Mの市販モデルの認知にもつなげられると考えている」とレース参戦への期待を語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  2. 【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

    【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

  3. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  4. 中央道小早川橋と弓振川橋をリニューアル 10月から

  5. 参加費38万円、募金しながら走る自転車ツアー…マセラティ

  6. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

  7. 【土井正己のMove the World】英国がEU離脱なら日本メーカーは英国離脱

  8. ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

  9. ファミリー派も納得、ミニバンの走りに安定感を…HKSのアル/ヴェル用新サスペンション「ハイパーマックス G」

  10. 英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

アクセスランキングをもっと見る