BMWジャパン、2016年はMモデルを4台導入予定

自動車 ビジネス 国内マーケット

BMW M6 GT3
  • BMW M6 GT3
  • BMW M6 GT3
  • BMW M6 GT3
  • BMW Team Studieの面々
  • BMW M2クーペのMパフォーマンスパーツ
  • BMW M4 GTS(東京モーターショー15)
  • BMW X4 M40i
  • BMW M760Li xDrive
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『M6 GT3』でSUPER GT2016に参戦するBMW Team Studieを3年連続でコラボレーションパートナーとしてのサポートを行うと発表。また、同社は今年、市販のBMW Mモデルの導入を強化する予定だという。

ビー・エム・ダブリュー代表取締役社長のペーター・クロンシュナーブル氏は、「特に今年のSUPER GTに関心を持っている」と話す。その理由は、「BMWグループが100周年を迎えるということと、2016年はBMW Mにおいても非常にエキサイティングな年になる予定だからだ」という。

今年最初に“M”の称号を付けた新型車は『M2』で、「最もコンパクトなMモデルだ」とクロンシュナーブル氏。日本での発表は、「5月のSUPER GTシリーズ第二戦、富士でお披露目する予定だ」と述べる。

また、「2016年は東京モーターショー2015でワールドプレミアした『M4 GTS』が日本で発売になる年でもある」とクロンシュナーブル氏。「これだけでもBMWがいかに日本のレースシーンを尊重しているかがわかるだろう」とコメント。これら以外にもBMW『X4 M40i』と、7シリーズの『M 760i』が導入予定だ。

BMW Team Studieが今年使用するマシンはM6 GT3で、昨年同チームが使用した 『Z4 GT3』に代わるものだ。クロンシュナーブル氏は、「今シーズンもMブランドのレースマシンで出走するということは BMW Mのプロファイルを日本のモータースポーツにおいて高めるだけではなく、(こういった)モータースポーツのマーケティング活動をさらに活用することで、BMW Mの市販モデルの認知にもつなげられると考えている」とレース参戦への期待を語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

    燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  3. スズキ燃費データ問題…鈴木修会長、報告書を握りしめて詫びる

    スズキ燃費データ問題…鈴木修会長、報告書を握りしめて詫びる

  4. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  5. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  6. トヨタ、国内9工場を一時停止…アドヴィックス爆発事故の影響

  7. スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

  8. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  9. ポルシェ、デジタル事業の新会社を設立へ

  10. マツダ アクセラ、累計生産500万台を達成…12年10か月は同社最短記録

アクセスランキングをもっと見る