BMWジャパン、2016年はMモデルを4台導入予定

自動車 ビジネス 国内マーケット

BMW M6 GT3
  • BMW M6 GT3
  • BMW M6 GT3
  • BMW M6 GT3
  • BMW Team Studieの面々
  • BMW M2クーペのMパフォーマンスパーツ
  • BMW M4 GTS(東京モーターショー15)
  • BMW X4 M40i
  • BMW M760Li xDrive
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『M6 GT3』でSUPER GT2016に参戦するBMW Team Studieを3年連続でコラボレーションパートナーとしてのサポートを行うと発表。また、同社は今年、市販のBMW Mモデルの導入を強化する予定だという。

ビー・エム・ダブリュー代表取締役社長のペーター・クロンシュナーブル氏は、「特に今年のSUPER GTに関心を持っている」と話す。その理由は、「BMWグループが100周年を迎えるということと、2016年はBMW Mにおいても非常にエキサイティングな年になる予定だからだ」という。

今年最初に“M”の称号を付けた新型車は『M2』で、「最もコンパクトなMモデルだ」とクロンシュナーブル氏。日本での発表は、「5月のSUPER GTシリーズ第二戦、富士でお披露目する予定だ」と述べる。

また、「2016年は東京モーターショー2015でワールドプレミアした『M4 GTS』が日本で発売になる年でもある」とクロンシュナーブル氏。「これだけでもBMWがいかに日本のレースシーンを尊重しているかがわかるだろう」とコメント。これら以外にもBMW『X4 M40i』と、7シリーズの『M 760i』が導入予定だ。

BMW Team Studieが今年使用するマシンはM6 GT3で、昨年同チームが使用した 『Z4 GT3』に代わるものだ。クロンシュナーブル氏は、「今シーズンもMブランドのレースマシンで出走するということは BMW Mのプロファイルを日本のモータースポーツにおいて高めるだけではなく、(こういった)モータースポーツのマーケティング活動をさらに活用することで、BMW Mの市販モデルの認知にもつなげられると考えている」とレース参戦への期待を語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

    【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

  2. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

    ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  3. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

    VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  4. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

  5. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  6. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  7. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  8. アウディ、中国でトランスミッションを現地生産…A4 に搭載

  9. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

  10. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら