猛烈な吹雪の中、駐車していたクルマの運転者がCO中毒で死亡

自動車 社会 社会

2月29日午後1時40分ごろ、北海道帯広市内にある量販店の駐車場で、猛吹雪によって埋まった軽乗用車に乗っていた19歳の男性が死亡する事故が起きた。雪でクルマのマフラーが埋まり、一酸化炭素中毒で死亡したものとみられている。

北海道警・帯広署によると、現場は帯広市西21条南4丁目付近にある量販店の駐車場内。19歳の男性が乗る軽乗用車は駐車場の一角で雪に埋もれていたのを捜索していた同僚が発見。男性は意識がない状態だったことから、消防に通報した。

男性は意識不明の状態で近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡。発見時の状況から、警察ではエンジンを掛けたままの状態でクルマが雪によって埋まり、排気管が詰まったことで排気ガスが車内に充満。急性の一酸化炭素(CO)中毒で死亡したものとみられる。

同僚によると、男性は休憩を取るため正午すぎに外出。発見時はクルマの周辺に約80cm、屋根部に約50cmの雪が積もった状態だった。当時は猛烈な吹雪となっており、警察では吹きだまりとなりやすい場所に駐車し、事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 自動運転車でドライバーが居眠り、決定的瞬間[動画]

    自動運転車でドライバーが居眠り、決定的瞬間[動画]

  2. スマートIC、新規事業化7箇所と準備段階調査5カ所を決定…国土交通省

    スマートIC、新規事業化7箇所と準備段階調査5カ所を決定…国土交通省

  3. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

    熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  4. 著しい高速度で走行中に死亡事故、運転者に実刑を命じる

  5. 国土交通省、貸切バスに装着を義務付けるドライブレコーダーの性能を検討…今秋に策定

  6. 公共交通の事故被害者への支援計画、2015年度は35社が策定…累計88社

  7. 日産 フェアレディZ NISMO パトカー、警視庁に配備完了

  8. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  9. 経年車の税軽減へ…自動車文化を考える議員連盟、発足

  10. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

アクセスランキングをもっと見る