WCOTY、最終選考3台発表…マツダ ロードスター 新型が残る

自動車 ニューモデル モーターショー

マツダ ロードスター 新型
  • マツダ ロードスター 新型
  • アウディ A4セダン 新型
  • メルセデスベンツ GLC
ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、「2016ワールドカーオブザイヤー」の最終選考3台を発表した。

ワールドカーオブザイヤーは、2005年に開始。今回は2014年秋から2015年秋にかけてデビューした新型車の中から、最高の1台を選出する。条件は、2016年春まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。

投票は世界23 か国、74名のジャーナリストが、バリュー、安全性、環境性、コンセプトなど6項目を基準に行う。

2016ワールドカーオブザイヤーの最終選考3台は、以下の通り。

アウディA4
マツダ・ロードスター
メルセデスベンツGLC

日本車では唯一、新型マツダ『ロードスター』が最終選考に残った。新型アウディ『A4』とメルセデスベンツ『GLK』後継車の『GLC』のドイツ勢に、挑む構図となる。

また、1月に発表されていたファイナリスト10台の中からは、BMW 『X1』、ヒュンダイ『ツーソン』、ジャガー『XE』、ランドローバー『ディスカバリースポーツ』、マツダ『CX-3』、シュコダ『スペルブ』、トヨタ『プリウス』の7台が、最終選考に進めなかった。

2016ワールドカーオブザイヤーは3月23日、米国で開幕するニューヨークモーターショー16で発表予定。前回は、新型メルセデスベンツ『Cクラス』が受賞している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

    メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  3. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

    【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  5. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  6. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  7. 5ドアとは違う…フォード フィエスタ 次期型、3ドアのスポーティな姿

  8. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  9. マツダ ロードスター「RF」、米国発売記念車…1000台限定

  10. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら