ZMP、自動運転車両の研究・開発向けに RoboCarミニバン公道走行パッケージ

自動車 テクノロジー 安全

ZMP RoboCarミニバン
  • ZMP RoboCarミニバン
ZMPは、各種センサ・コンピュータを搭載した研究開発用の自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar ミニバン公道走行パッケージ」の受注を3月2日より開始した。

新製品は、市販ハイブリッドミニバンをベースとした自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar ミニバン」に、自動運転に必要な装備を付加した実験用車両。周囲をセンシングするレーザスキャナやステレオカメラ、車両の位置や挙動を計測するGPSや慣性センサ、取得したセンサデータを統合し自動運転を行う車載コンピュータIZACなどを搭載する。

RoboCarシリーズはテストコースでの利用を対象としていたが、新パッケージでは公道での自車位置推定に必要となる高精度マップの利用やナンバーの取得、また公道走行時のリスクアセスメントについてもサポート。またベース車両はトヨタ『エスティマハイブリッド』となるが、他車両への変更にも対応する。

新製品は、すでにロボットタクシー株式会社が2月29日より神奈川県藤沢市湘南ライフタウンにて、公道での自動運転体験サービス実証実験で利用を開始。このように、公道での自動運転車両を用いたサービスの研究開発や、自動運転車両におけるユーザインタフェースの研究開発、ADAS(先進運転支援システム)向けセンシングシステムなどの研究開発における実験車両として活用できる。

価格は応談。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.1「高音質設計に込められた思いと、技術」に迫る!

    「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.1「高音質設計に込められた思いと、技術」に迫る!

  2. ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

    ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

  3. ケンウッド、20%の小型化を実現した新型ドライブレコーダーを発売

    ケンウッド、20%の小型化を実現した新型ドライブレコーダーを発売

  4. 【日産 プロパイロット】東名高速の300Rを100km/hで曲がれるか?

  5. ナビタイム、通信カーナビ開発支援ソリューションを提供開始

  6. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  7. 【日産 プロパイロット】渋滞時は停止3秒以内なら自動発進

  8. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  9. 摩擦に頼らないブレーキ…曙ブレーキ、2020年実用化めざす

  10. ビーウィズ、パガーニ ゾンダ希竜へのオーディオ納入を記念した限定モデル発表

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら