すばる望遠鏡で「食べ散らかす赤ちゃん星」を観測…国立天文台など

宇宙 科学

すばる望遠鏡に搭載されたカメラHiCIAOが映し出した赤ちゃん星たちの星周物質の分布
  • すばる望遠鏡に搭載されたカメラHiCIAOが映し出した赤ちゃん星たちの星周物質の分布
  • 星と惑星の誕生の標準的な概念図
台湾中央研究院や国立天文台などのメンバーからなる国際共同研究チームは、すばる望遠鏡に搭載されたカメラ「ハイチャオ」を使って星と惑星が活発に成長していると考えられる現場を捉えることに成功した。

今回観測された画像は、これまで観測されてきた赤ちゃん星と大きく異なり、3つの星では星周物質の分布に尾のような構造が見られ、さらにそのうちのひとつでは渦のような運動に伴うと見られる構造がある。

別の星では中心星から複数の筋のような構造が伸びており、中心星でのバースト(突然の増光を伴う突発的な質量降着)が星周物質を吹き飛ばしたかのようにも見えるとしている。

国立天文台では「あたかも、夢中に食べる人間の赤ちゃんが、ごはんを食べ散らかしているかのよう」としている。このような星周構造が赤ちゃん星のまわりで観測されたのは、世界で初めて。

新しい成果は、星と惑星系の誕生の謎を解く上で重要な手がかりになるとしている。

今回の研究成果は、アメリカの科学誌「サイエンス・アドバンシズ」に掲載された。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. ドラゴン補給船運用9号機の打ち上げ成功

    ドラゴン補給船運用9号機の打ち上げ成功

  2. X線天文衛星「ひとみ」の後継機を2020年に打ち上げへ…JAXA

    X線天文衛星「ひとみ」の後継機を2020年に打ち上げへ…JAXA

  3. ペルセウス座流星群の観察チャンス---8月12日を中心に

    ペルセウス座流星群の観察チャンス---8月12日を中心に

  4. 宇宙空間でのタンパク質結晶化実験、7割が解析可能…JAXA

  5. 2017年は日食が2回、月食が1回…国立天文台が暦要項を公表

  6. JAXA、X線天文衛星を「ひとみ」と命名…太陽電池パネルは正常に展開

  7. JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

  8. 国立天文台、4次元デジタル宇宙ビューワーを多言語化…「はやぶさ2」の立体モデルも追加

  9. 【宇宙資源展】まもなく開幕…小惑星採掘は資源問題を解決するか、東大の宮本准教授に聞く

  10. NASAが「地球のいとこ」を発見!…地球の1.6倍&誕生は約60億年前

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら