国内最速下り最大375Mbpsを実現するドコモ、「5G」も早期に導入へ

エンターテインメント 話題

記者説明会に登壇したNTTドコモ 取締役常務執行役員の大松澤清博氏
  • 記者説明会に登壇したNTTドコモ 取締役常務執行役員の大松澤清博氏
  • 2GHz×1.7GHz×800MHzの3波を束ねたキャリアアグリゲーションで下り最大375Mbpsを実現
  • 新たに周波数3.5GHz帯を「LTE専用周波数」として追加する
  • 3.5GHzではTDD方式を適用するため上り下りの配分調整が行える
  • ドコモが実施した試験では、FDD方式の1.7GHzとTDD方式の3.5GHzにより下り最大370Mbpsのデータ通信に成功した
  • 東京都心を皮切りに6月以降、下り300Mbps超のエリアが拡大されていく
  • 早い段階での下り500Mbps超を実現させ、その先の次世代通信ネットワークである「5G」についても早期に導入していきたい考え
  • 社会インフラとしての信頼性を強化していく
 NTTドコモは2日、ネットワークに関する記者説明会を開催。国内最速となる下り最大375Mbpsを実現した取り組みが紹介された。また、東日本大震災の発生から丸5年を迎えるにあたり、NTTドコモの災害へ取り組みについても改めて説明があった。

■“国内最速”に向けた2つの取り組み

 記者説明会に登壇したNTTドコモ 取締役常務執行役員の大松澤清博氏は、国内最速を強化する2つの取り組みについて紹介した。その一つが、現在LTEと3Gの両方の通信で利用している周波数帯800MHzをフルLTE化することで、2GHz×1.7GHz×800MHzの3波を束ねた「キャリアアグリゲーション」で、国内最速となる下り最大375Mbpsを実現する取り組み。ただ地域によっては、まだ800MHzをフルLTE化できないエリアもあるとのことで、その地域では下り最大337.5Mbpsとなる。

 また、新たな周波数3.5GHz帯を「LTE専用周波数」として追加すると発表した。大松澤氏は「効果の大きい方策。新しい道路をつくるのに等しい。混雑が解消して、これまで以上に快適な通信品質を実現できる」とアピールした。なお3.5GHzでは、上りと下りを同じ20MHz幅で通信するTDD方式を適用するため、下りを多くするなど配分の調整が行える。このメリットを活かして、通信の集中するエリアにアドオンセルとして提供していく。なおドコモが実施した試験では、FDD方式の1.7GHzとTDD方式の3.5GHzをキャリアアグリゲーションさせることで、下り最大370Mbpsのデータ通信に成功したとのこと。上記の2つの取り組みは6月以降に実施を予定している。まずは東京都心を皮切りにして、下り300Mbps超のエリアが拡大されていく見込み。

 NTTドコモでは今後、PREMIUM 4Gのさらなる進化を図っていく。アンテナ送受信技術MIMOの高度化などにより、早い段階での下り500Mbps超を実現させ、その先の次世代通信ネットワークである「5G」についても早期に導入していきたい考えだ。大松澤氏は「通信の速さ快適さにさらなる進化をもたらすドコモの取り組みに、今後もご期待ください」と言葉に力を込めた。

■社会インフラとしての信頼性を強化

 2011年3月11日に起きた東日本大震災から、丸5年を迎えようとしている。NTTドコモでは、バッテリー24時間化などで「電源の確保」を、電送路の多ルート化などで「通信エリアの確保」を、重要施設の分散化などで「通信サービスの確保」を図る。松澤氏は具体的な施策として、大ゾーン基地局のLTE化で通信能力をアップし、また多様な災害に対応できる中ゾーン基地局も展開、石油連盟と協力して燃料を確保、JESEA(地震科学探査機構)とは「リアルタイム地震予測」に関して協力、このほか津波監視などにも注力していくと説明した。同氏は「NTTドコモでは社会インフラとしての信頼性を強化していく。人々がより安心に、豊かに暮らすことができる社会を目指していく」と説明した。

■対応端末は夏モデルから?

 また説明会では、質疑応答が行われ、大松澤氏が対応した。800MHzの周波数帯をフルLTE化させると、3G回線の利用者に不都合が生じる可能性もある。これについて大松澤氏は「3Gのトラフィックを注視している。3G回線をご利用の方はまだ日本全国にいるが、2GHzに割り当てることで対応できる目処が立っている。市場では徐々にLTE対応端末に移行していくので、その状況も見つつ(800MHzのフルLTE化による)下り最大375Mbpsのサービスを全国に広げていきたい」と回答。

 夏モデルからの対応になりそうか、と聞かれると「準備ができ次第お伝えしたい。別の場で発表する予定。ネットワークの準備は順調で、この3月時点でほぼほぼ完成する。最後の仕上げを進めている」と答えるにとどまった。プレゼンでは3.5GHzと1.7GHzの組み合わせによるキャリアアグリゲーションが紹介されたが、ドコモが1.7GHzを提供している地域は東名阪のみ。これについて質問がおよぶと「東名阪以外の地域では、1.7GHz以外との組み合わせもあり得る」と回答した。

 囲み取材には、ネットワーク部の平松孝朗氏が対応した。800MHzの周波数帯をフルLTE化について、同氏は「まだ3G回線をご利用の方も多いと認識している。既存のお客様にご迷惑をおかけしないようにする。全国的に800MHz帯をすべてフルLTE化する方針でやっているわけではない。地域によって3G回線のトラフィックの状態や、エリア形成上の問題が異なる。品質上の問題を見ながら、ケースバイケースでやっていく」との見方を示した。

 3.5GHzで適用されるTDD方式では、上りと下りの割合を変更できる。このことについて、下りに100%振る運用方法もあり得るのか、という質問があがると同氏は「TDD方式の難しいところでもあるが、ソフトバンクさん、KDDIさんと時間同期をとって、干渉を与えないように運用しなければいけない。他社さんと協議した上で、最大限下りに割けるようにしたい」と回答。ただ、他社も3.5GHzでは上りを利用しない可能性がある。であれば、協議のうえですべてを下りに割いても問題はないのではないか。そうした質問が上がると、平松氏は「理論上はその通り。ただ、国から割り当てをいただいた周波数で、ドコモのわがままで運用の仕方を決めることはできない。適正に対応していきたい」と答えていた。
《近藤謙太郎@RBB TODAY》

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. カーメイトが家庭内のニオイと雑菌に関する意識調査の結果を発表

    カーメイトが家庭内のニオイと雑菌に関する意識調査の結果を発表

  2. 【GARMIN fenix 3J HR 海外インプレ後編】体調管理だけでなく、どんなアクティビティにも最適なモデル

    【GARMIN fenix 3J HR 海外インプレ後編】体調管理だけでなく、どんなアクティビティにも最適なモデル

  3. 【GARMIN fenix 3J HR 海外インプレ中編】プロも使用する光学式心拍計、使い勝手もすばらしい

    【GARMIN fenix 3J HR 海外インプレ中編】プロも使用する光学式心拍計、使い勝手もすばらしい

  4. 【GARMIN vivoactive J インプレ前編】Apple Watchに似てApple Watchに非ず? カスタム自在の万能型スマートウォッチ

  5. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  6. 【GARMIN fenix 3J HR インプレ前編】装着するだけで心拍数も測れるfenix…多くのアクティビティに対応

  7. 【GARMIN fenix 3J HR 海外インプレ前編】ツール・ド・フランスに持参、健康管理に使えるか?

  8. 『仮面ライダードライブ』の愛車トライドロンは ホンダ NSX がベース[写真蔵]

  9. アンジェリーナ・ジョリー、9歳の娘を連れ難民キャンプへ…再訪誓う

  10. 【GARMIN vivoactiveJ HR インプレ前編】光学式心拍計とGPS機能を内蔵する、ハイスペックフィットネスバンド

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら