ヤマハ、スノーモビル VK540V を発表…新型キャブレター採用など

モーターサイクル 新型車

ヤマハ VK540V
  • ヤマハ VK540V
  • ヤマハ VK540V
  • ヤマハ VK540V
  • ヤマハ VK540V
  • ヤマハ VK540V
  • ヤマハ VKプロフェッショナルII
  • ヤマハ VKプロフェッショナルII
  • ヤマハ ベンチャー マルチパーパス
ヤマハ発動機は、エンジンや外観の一部仕様を変更した『VK540V』をはじめ、スノーモビル国内向け2017年モデル3機種を3月2日から予約受付を開始、11月1日に発売する。

VK540Vは、業務を中心に幅広い用途で使用できるヤマハスノーモビル。2017年モデルでは、新型キャブレターを含めた吸排気系、点火システムの変更などにより、2ストロークエンジンの低燃費化と排ガス浄化性の向上を図った。また、44リットル大容量燃料タンクや機能的でスタイリッシュなボディカウルとウインドスクリーン、快適性を向上させたフラットタイプのシートなど、業務用途を支える走行・実用性能に磨きを掛けた。

価格はVK540Vが115万3440円。

なお、『VKプロフェッショナルII』『ベンチャー マルチパーパス』については昨年からの継続販売となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

    【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

  2. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

    ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  3. BMWモトラッド、白馬でミーティングイベントを開催…8月27日・28日

    BMWモトラッド、白馬でミーティングイベントを開催…8月27日・28日

  4. カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

  5. ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

  6. カワサキ ZRX1200 DAEG、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  7. カワサキ Ninja 250、2017年モデルを発表…カラー&グラフィックを変更

  8. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  9. 【鈴鹿8耐】ホンダCBR250RR初公開!ライバルを凌ぐ本格派装備でファンは熱視線

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら