スバル富士重、AWD車の累計生産台数が1500万台…生産開始から44年目

自動車 ビジネス 企業動向

スバルのシンメトリカル AWD
  • スバルのシンメトリカル AWD
  • スバル レオーネ4WD エステートバン(1972年)
  • スバル レガシィ アウトバック リミテッド スマートエディション
富士重工業は3月2日、AWD(全輪駆動)車の累計生産台数1500万台を達成したことを発表した。

AWDは、1972年9月発売のスバル『レオーネ4WD エステートバン』に初搭載以来、今年で44年目。スバル車の2015年世界販売台数に占めるAWD車の比率は98%となっている。また、そのすべてが水平対向エンジンとの組み合わせによる、スバル独自のシンメトリカルAWD方式となっている。

シンメトリカルAWDは、AWDが持つ優れた走行安定性や走破性に加え、縦置きに配置した水平対向エンジンを核とした左右対称のパワートレーンがもたらす重量バランスの良さとの相乗効果によって、安定した高速走行と俊敏なコーナリングを実現。スバルの安全思想と走る愉しさを支える中核の技術となっている。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品