【ジュネーブモーターショー16】フェラーリ、GTC4ルッソ を初公開…70周年に向けての発表も | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブモーターショー16】フェラーリ、GTC4ルッソ を初公開…70周年に向けての発表も

自動車 ニューモデル モーターショー

フェラーリ GTC4ルッソ(ジュネーブモーターショー16)
  • フェラーリ GTC4ルッソ(ジュネーブモーターショー16)
  • フェラーリブース(ジュネーブモーターショー16)
  • フェラーリブース(ジュネーブモーターショー16)
  • フェラーリ エンリコ・ガリエラ上級副社長
  • フェラーリブース(ジュネーブモーターショー16)
  • フェラーリブース(ジュネーブモーターショー16)
  • フェラーリブース(ジュネーブモーターショー16)
  • フェラーリブース(ジュネーブモーターショー16)
3月1日(現地時間)に開幕したジュネーブモーターショー16において、イタリアのスーパーカーメーカーであるフェラーリが新型スポーツカー『GTC4ルッソ』を初公開した。

カンファレンスでは、マーケティング担当のエンリコ・ガリエラ上級副社長によってGTC4ルッソをアンベール。GTC4ルッソは、2011年に行われたジュネーブモーターショーで発表された『FF』の大幅改良モデルだ。

ガリエラ氏によると、GTC4ルッソは3つの特徴を備えているという。1つ目が「フェラーリ・パフォーマンス」で、排気量6262ccの直噴V型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載、690hpを発揮する。2つ目は「多様性」。GTカーとしては初の搭載となる四輪駆動システム「4RM-S」により、悪路走行性能が上昇しており、様々なロードコンディションに対応できるという。3つ目は「スポーツ・ラグジュアリー」で、まったく新しいエクステリアは、スポーツ性とエレガンスさを兼ね備える。また、インテリアでも快適性の高いシートや、新しいステアリングホイール、フルHDのインフォテインメントシステムなど、高級感を重視した内装に仕上げているということだ。

このほかにも、『カリフォルニアT』への新しいパッケージの追加や、『488 GTB』や『488 スパイダー』のマイナーチェンジが発表された。

最後に、ガリエラ氏は2017年がフェラーリの創立70周年であることを述べるとともに、2017年に向けて新しいモデルやイベントを続々と発表していくことを明かした。「2016年と2017年は、多くのニュースが発表される年になる」と述べ、プレスカンファレンスは幕を閉じた。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品