歩道の高齢女性に対し、無灯火状態で走行の自転車が追突

自動車 社会 社会

2月27日午前5時ごろ、埼玉県草加市内の市道で、歩道を歩いていた97歳の女性に対し、後ろから進行してきた自転車が衝突する事故が起きた。女性は意識不明の重体。警察は自転車に乗っていた67歳の女性から事情を聞いている。

埼玉県警・草加署によると、現場は草加市中根付近。97歳の女性は歩道を歩いていたところ、後ろから進行してきた自転車にはねられた。

女性は転倒した際に頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、意識不明の重体となった。警察は自転車に乗っていた67歳の女性から過失傷害容疑で事情を聞いている。

自転車は無灯火状態で走行していたとみられ、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 経年車の税軽減へ…自動車文化を考える議員連盟、発足

    経年車の税軽減へ…自動車文化を考える議員連盟、発足

  2. LINEのやり取りに夢中で信号無視、ひき逃げ容疑で男を逮捕

    LINEのやり取りに夢中で信号無視、ひき逃げ容疑で男を逮捕

  3. 日産 フェアレディZ NISMO パトカー、警視庁に配備完了

    日産 フェアレディZ NISMO パトカー、警視庁に配備完了

  4. ランボルギーニ アヴェンタドール が大炎上…原因はエンジン空吹かしか[動画]

  5. 国交省、タカタ製エアバッグの追加リコールを指示…約700万台

  6. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  7. 日系企業、車両周辺の状況を検知する特許技術で海外を圧倒…特許庁

  8. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  9. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

  10. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

アクセスランキングをもっと見る