歩道の高齢女性に対し、無灯火状態で走行の自転車が追突

自動車 社会 社会

2月27日午前5時ごろ、埼玉県草加市内の市道で、歩道を歩いていた97歳の女性に対し、後ろから進行してきた自転車が衝突する事故が起きた。女性は意識不明の重体。警察は自転車に乗っていた67歳の女性から事情を聞いている。

埼玉県警・草加署によると、現場は草加市中根付近。97歳の女性は歩道を歩いていたところ、後ろから進行してきた自転車にはねられた。

女性は転倒した際に頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、意識不明の重体となった。警察は自転車に乗っていた67歳の女性から過失傷害容疑で事情を聞いている。

自転車は無灯火状態で走行していたとみられ、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

    南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

  2. 全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

    全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

  3. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

    『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  4. 多重衝突を起こしたトラック運転手に過重勤務を命じた会社を捜索

  5. パイロット、550kmの深夜ドライブ直後に乗務

  6. トライクにヘルメットはいらない…警察に不手際

  7. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  8. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  9. 世界一醜いクルマはフィアット『ムルティプラ』…英コラムニストが認定

  10. 迷惑防止条例の強化で暴走族撲滅---福岡県警

アクセスランキングをもっと見る