防災情報システム「V-Alert」、新デジタル放送 i-dio 活用し発信 | レスポンス(Response.jp)

防災情報システム「V-Alert」、新デジタル放送 i-dio 活用し発信

自動車 ビジネス 国内マーケット

新しいデジタル放送「i-dio(アイディオ)」が、3月1日12時より、東京・大阪・福岡でプレ放送開始となる。「i-dio」とは、地上アナログテレビ放送終了後に空いた周波数帯(VHF-Low)を利用して創設された放送サービス。スマートフォンにi-dioチューナー(Wi-Fi接続の外付けチューナー)を接続し、専用のアプリをインストールすることにより、「i-dio」を受信することが可能となる。

このプレ放送開始と合わせ、防災情報システム「V-Alert」の試験配信準備が現在進んでいる。「V-Alert」とは、「i-dio」の放送電波を活用して自治体自らがコンテンツプロバイダーとなり、住民に防災情報を緊急発信するというもの。自治体が専用受信器を地域住民に無償配布し、避難勧告などの緊急事態発生時には、「i-dio」の放送電波を使って受信機を強制起動することができる。つまり、受信機の電源が入っていなくても、緊急時には強制起動させ、緊急情報を伝えることが可能だ。

さらに、地域コードタグを付して情報を配信できるため、情報をきめ細かく切り分けて配信することができる。例えば、市区町村単位や集落単位に切り分けて情報を配信することが可能。東京マルチメディア放送の代表取締役、藤勝之氏によると、「一人ひとりに対して、あなたに向けた情報を発信できる」という。

すでに試験配信準備を進めている自治体もある。福岡県宗像市では、2015年9月より「V-Alert」対応防災ラジオ(MeoSound VL1)の配備を開始している。今後は、住民の暮らしの安全・安心を確保する防災情報配信を実施していくという。

なお、藤氏によると、今後4~5年の間に全国の自治体の3分の1ほどが導入することを目標にしているということだ。
《松木和成》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品