【MXGP 第1戦】若干19歳のガイザーがデビューウイン…最年少記録更新 | レスポンス(Response.jp)

【MXGP 第1戦】若干19歳のガイザーがデビューウイン…最年少記録更新

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

MXGP2016開幕戦カタールで完全優勝したティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)
  • MXGP2016開幕戦カタールで完全優勝したティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)
  • MXGP2016開幕戦カタールで完全優勝したティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)
  • MXGP2016開幕戦カタールで完全優勝したティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)
  • MXGP2016開幕戦カタールで完全優勝したティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)
  • ティム・ガイザーの所属するTeam Honda Gariboldi Racing。
カタールで開幕したモトクロス世界選手権2016年シーズン。注目の最高峰クラスMXGPのウイナーは、なんとこのクラスに昇格したばかりのティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)だった。

昨シーズン、MX2でシリーズチャンピオンに輝いた若干19歳のスロベニア人は、ホンダCRF450RWでのデビューレース。ゼッケン243番はフリープラクティスからラップタイムリストの上位にいたが、予選でも2番手につけると、その勢いで決勝では2ヒートともトップでチェッカーフラッグを受けた。MXGPでは、もっとも若いウイナーだ。

ガイザーは、2012年に欧州モトクロス選手権125クラスを制すると、2014年よりモトクロス世界選手権MX2クラスに参戦。昨季は第4戦トレンティーノで初優勝を手にすると、その後のレースでも順調に勝利を重ね、シリーズチャンピオンを獲得。チームにとっても、初のタイトルだった。

ついにMXGPへステップアップし、チャレンジの年となる2016シーズン。もちろん活躍が期待されていたが、そこは世界最高峰のクラス。デビュー戦での両ヒート制覇パーフェクトウインは、まさにセンセーショナルなデビューとしか言いようがない。

レース後のコメントでは「自信はありましたが、両ヒートで1位とは思いも寄りませんでした」と、本人も驚きを隠せない様子。「これ以上はないと言える完ぺきなシーズンの入り方」と、最高の感触を手に入れている。

なお、MXGPに日本人で唯一参戦している山本鯨は、ヒート1:19位、ヒート2:18位だった。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品