【鈴鹿ファン感謝デー16】脇阪寿一が本山哲、松田次生らとトークショー

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

脇阪寿一
  • 脇阪寿一
  • 本山哲
  • 松田次生
3月12・13日に鈴鹿サーキットで開催されす「2016鈴鹿サーキット モータースポーツファン感謝デー」にSUPER GT(GT500クラス)を引退した脇阪寿一が出演することが決まった。

当日は「GT500チャンピオンズトーク×F187」と題して、脇阪同様にSUPER GTでチャンピオン経験を持ち、また彼のライバルでもあった本山哲と松田次生が登場。激戦が予想される2016シーズンを3人で占う。

脇阪は2月4日に東京で行われたトヨタのモータースポーツ活動計画発表会で第一線を退くことを表明。今年は大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ組のチームルマンの監督に就任し、2人をサポートしていく。合わせてレーシングドライバーとしての活動も続けていくとのことでスーパー耐久、86/BRZレースに参戦を予定している。

引退表明以降は、ファンの前で直接話をする機会もあまりなかっただけに、おそらく今回のトークショーでは引退に至った経緯など、彼の口からファンに対して直接説明するシーンなどもあるかもしれない。

さらにトークショーではフェラーリのF1マシン『F187』も登場。なにやらサプライズも用意されている模様だ。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

    【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

  2. 浅間ヒルクライムに2万人が来場、自動車文化の発展と地域振興めざす

    浅間ヒルクライムに2万人が来場、自動車文化の発展と地域振興めざす

  3. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

    【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  4. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  5. 【新聞ウォッチ】日産の役員報酬、ゴーン社長11億円? 9人の総額は15億3500万円

  6. 【ニュル24時間 2016】クラス2連覇のスバル、パブリックビューイングでも歓喜の輪

  7. 【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

  8. 浅間ヒルクライム2016開催、60年代モデルから最新マクラーレンまで120台が走る…29日まで

  9. 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、クラス2連覇を達成

  10. 【ニュル24時間 2016】初参戦のレクサスRC F、総合24位

アクセスランキングをもっと見る