【INDYCAR】開幕迫る…佐藤琢磨、フェニックス合同テストで本格始動

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

#14 佐藤琢磨の16年シーズンが本格的に動き出した。
  • #14 佐藤琢磨の16年シーズンが本格的に動き出した。
  • 今季は2013年以来の勝利を目指す佐藤琢磨。
  • 総合トップタイムは#3 カストロネベス。
  • ホンダ勢首位のタイムをマークした#27 アンドレッティ。
  • 連覇を目指す前年王者#9 ディクソン。
  • 琢磨の僚友#41 ホークスワースは21人中21位の総合ベストタイムだった。
  • フェニックスでは4月に今季第2戦が開催される。
現地2月26~27日、インディカー・シリーズの合同テストがアリゾナ州の「フェニックス・インターナショナル・レースウェイ」で実施され、今季も同シリーズに参戦する佐藤琢磨が出走、新シーズンの戦いを本格スタートさせている。

今季インディカーのカレンダーに第2戦(現地4月2日決勝)の開催地として久々に加わったフェニックス(オーバルコース)での合同テスト。21人のドライバーが参加し、2日間総合のトップタイムをマークしたのはシボレーエンジン搭載のチームペンスキー、#3 エリオ・カストロネベスだった。以下4位までがシボレー勢で、ホンダ勢トップは5位の#27 マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポーツ)。#14 佐藤琢磨(AJ.フォイト・レーシング)は全体13位、ホンダ勢4番手であった。

今回のテスト参加ラインアップを見る限り、今季のインディ上位戦線に大きなトピックとなるドライバー移籍はないようで、シボレー勢のペンスキーとガナッシの両巨頭チーム、そしてホンダ勢ではアンドレッティといったところが変わらずに最前線を賑わしそう。

#3 カストロネベスに#12 ウィル・パワー、#2 ファン・パブロ・モントーヤ(以上ペンスキー)、#9 スコット・ディクソンに#10 トニー・カナーン(以上ガナッシ)、そして#28 ライアン・ハンターレイ(アンドレッティ)、これらシリーズチャンピオン獲得もしくはインディ500優勝(あるいはその両方)を経験している面々が、シリーズ戦3年ぶりの勝利を目指す琢磨の前に立ちはだかることになるだろう。

琢磨は初日を終えた段階でフェニックスのコースについて「とてもチャレンジング。ターン1とターン4ではキャラクターがかなり異なっていて、そこが楽しい。まだ(この時点では)他車と集団で走っていないので、そういった状況でどうなのかは分からないが、(ここでの第2戦は)確実にエキサイティングなレースになると思う」とのコメントを残している。16年仕様のエンジン等についても「すべてがとてもポジティブに感じられる」と、いい印象をもってテストに入れたようだ。

ベストタイムの順位自体は前述したように21人中13位だが、テストメニューの進め方やコンディションにも依る部分があるので、テストでのタイムは必ずしも戦力状況を正確には示さない。2日目の最終セッションに限れば4番手タイムでもあり、在籍4年目となるチームとの作業がこの先、順調に進むことを期待したいところだ。

今季のインディカー・シリーズは全16戦の予定で、開幕戦の舞台はフロリダ州セント・ピーターズバーグ(ストリートコース)。決勝は現地3月13日、北米最高峰シリーズもいよいよ開幕秒読みとなってきている。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【SUPER GT】脇阪寿一監督「表彰式の景色はたぶん日本で最もルマンに近い」…鈴鹿1000km直前インタビュー後編

    【SUPER GT】脇阪寿一監督「表彰式の景色はたぶん日本で最もルマンに近い」…鈴鹿1000km直前インタビュー後編

  2. 【新聞ウォッチ】仏ルノーにも排出ガスの不正疑惑が浮上

    【新聞ウォッチ】仏ルノーにも排出ガスの不正疑惑が浮上

  3. レースクイーンオブザイヤー早瀬あや…蔵出し写真50枚

    レースクイーンオブザイヤー早瀬あや…蔵出し写真50枚

  4. 【SUPER GT】脇阪寿一監督「特等席から語るこのシリーズの面白さ」…鈴鹿1000km直前インタビュー前編

  5. 【スーパーフォーミュラ第4戦】30台のホンダF1マシンがホンダコレクションホールで特別展示…10月10日まで

  6. メルセデス GLC、米10ベストインテリア2016に選出

  7. 【スーパーフォーミュラ 第4戦】依然大混戦のチャンピオン争い…3点差に5人、8点差には10人

  8. 「乗り心地」の極意 ー現役技術者たちが語る自動車のサスペンションー

  9. 【新聞ウォッチ】リオから東京へ、2020年見据え「駅ナンバリング」導入も開始

  10. サーキットが熱く“萌え”上がった「第9回 茂原 de 痛車」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら