タクシーからの乗客転落死亡事故、運転者に有罪判決

自動車 社会 社会

2013年12月、奈良県葛城市内の自動車専用道を走行してたタクシーから客の男性が転落し、後続車2台にはねられて死亡した事件について、自動車運転過失致死罪に問われた3人の運転者に対する判決公判が25日、奈良地裁葛城支部で開かれた。裁判所はタクシー運転手に執行猶予付きの有罪を命じている。

問題の事故は2013年12月13日の午前0時40分ごろ発生している。葛城市中戸付近の南阪奈道路下り線(片側1車線の直線区間)で、明日香村内に在住する71歳の男性が複数台の車両にひき逃げされ、すでに死亡しているのが発見された。

現場は自動車専用道ということもあって、当初は誤進入が疑われたものの、タクシーに乗車していた際、後部座席から誤って転落したことが後に判明。警察はタクシーの運転者が男性の転落を看過したとして、道路道路交通法違反(救護義務違反)容疑で逮捕。これは嫌疑不十分で不起訴となったが、検察は後続車2台の運転者を含め、自動車運転過失致死罪で後に起訴していた。

25日に開かれた判決公判で、奈良地裁葛城支部の五十嵐常之裁判官は、タクシーを運転していた66歳の男について、「被告は死亡した男性が泥酔状態にあることを認識しながら、ドアロックするなどの危険防止措置を怠った」と指摘。禁錮1年2か月(執行猶予4年)の有罪判決を命じた。

1台目の後続車を運転していた27歳の男性については、「被害者が転落した際には直前まで迫っており、衝突回避はできなかった」として無罪。2台目の後続車を運転していた36歳の男性についても同様の理由で無罪としたが、同乗者が事故を起こしたことに気づいており、その指摘を無視して逃走した道路交通法違反(救護義務違反)について罰金10万円を命じている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. トラックの運転に立腹し、運転者に謝罪を強要した男を逮捕

    トラックの運転に立腹し、運転者に謝罪を強要した男を逮捕

  2. その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

    その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

  3. 横断中の3人がはねられ重軽傷、運転の高齢者は認知症か

    横断中の3人がはねられ重軽傷、運転の高齢者は認知症か

  4. 霞が関に「宅配ロッカー」を設置…再配達抑制へ

  5. ガードロープに突っ込んで中破炎上、乗用車の運転者死亡

  6. 国連、車両の相互承認制度について日本提案で合意

  7. 水素ステーション普及のためJIS改正…使用温度を120度に拡大

  8. 国道57号の復旧ルートを仮設定…地域住民に提示

  9. スピンしながら街路樹に衝突、乗用車の2人が重傷

  10. 日本損保協会、「自動運転車レベル3まで現行法を適用」提言

アクセスランキングをもっと見る